ソフトバンク光のホームゲートウェイ(N)とは?解約・返却できないの?

NTT東日本・西日本のフレッツ光からソフトバンク光に転用した。

その際、ホームゲートウェイ(N)のオプションが付いてきて月額450円が請求されるようになったけど、解約・返却しても問題ないだろうか?

この記事では、ソフトバンク光への転用後、ホームゲートウェイが必要かどうか解説していきます。

ホームゲートウェイとは

先に結論を言うと、ホームゲートウェイは「インターネット」「電話」を利用するのに必須です。

ソフトバンク光を使うのであれば、解約・返却はできません。

その理由をこれから解説していきましょう。

まず、ホームゲートウェイとは、フレッツ光で「インターネット + 電話」を契約したときに設置される機器です。

  1. インターネット接続
  2. 電話接続
  3. Wi-Fi(無線LANルーター)

の3つを使えるようにする重要な役割があります。

1、インターネット接続

ホームゲートウェイのインターネット接続機能としては、

  • 光ファイバーに流れる「光信号」をパソコンが認識できる「デジタル信号」に変換する
  • インターネットを複数の端末(パソコン、スマホなど)で接続可能にする”ルーター機能”

の2つがあります。

ホームゲートウェイを分かりやすく言えば、英語を日本語に翻訳してくれる”翻訳家”の役割があります。

パソコンやスマホは、光ファイバーを流れる「光信号」の意味がわからないため、ホームゲートウェイで「デジタル信号」に変換してあげなければなりません。

同様に「デジタル信号」を光ファイバーで送信できるように「光信号」に変換する役割もあります。

2、電話接続

ホームゲートウェイの電話接続機能としては、

  • 光ファイバーに流れる「光信号」を電話機が認識できる「電話信号」に変換する

があります。

こちらは、先ほど解説したインターネットの「光信号」→「デジタル信号」の変換と同様の役割があります。

ちなみにフレッツ光で「インターネットのみ」を契約した場合は「電話信号」の変換機能が付いていない「ONU」という機器が設置されます。

3、Wi-Fi接続

ホームゲートウェイにはWi-Fi接続(無線LANルーター)機能も付いています。

こちらは、市販ルーターとまったく同じ機能で

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

をWi-Fi接続できるようになります。

ただし、月額料金がかかってきます。

エリア 月額料金
東日本エリア 300円
※マンション「ギガスピード」は100円
西日本エリア 100円

※ソフトバンク光に転用した場合でも月額料金は同じです。

そのため、長い目でみれば、自分で購入したほうがお得になるケースもあります。

ソフトバンク光の無線LANルーター(Wi-Fi)選び方・おすすめ紹介

2018年4月5日

ソフトバンク光でも「ホームゲートウェイ」は必要

いかがでしたか?

フレッツ光からソフトバンク光に転用した場合でも「インターネット」「電話」を利用するのであれば、ホームゲートウェイは必要であることが分かったのではないでしょうか?

ホームゲートウェイ(N)

また、フレッツ光からソフトバンクに転用した場合は、フレッツ光で利用していた「ホームゲートウェイ」は返却せず、ソフトバンク光で継続して使うことになります。

その際、NTTからレンタルしているホームゲートウェイは、ソフトバンク光の「ホームゲートウェイ(N)」というオプションに引き継がれて、レンタル料が請求されます。

なお、フレッツ光とソフトバンク光のホームゲートウェイのレンタル料はまったく同じです。

東日本エリア

東日本エリアのホームゲートウェイ(N)のレンタル料は、次のとおりです。

回線タイプ ホームゲートウェイ(N)
光電話(N)
あり
光電話(N)
なし
ホーム
(戸建住宅)
ギガスピード
ハイスピード
ファミリー
ファミリー・ライト
0円 450円
マンション
(集合住宅)
ギガスピード
ハイスピード
マンション
450円 450円

※フレッツ光の「ギガファミリー」「ギガマンション・スマートタイプ」から転用する場合は、0円になります。

西日本エリア

西日本エリアのホームゲートウェイ(N)のレンタル料は、次のとおりです。

回線タイプ ホームゲートウェイ(N)
光電話(N)
あり
光電話(N)
なし
ホーム
(戸建住宅)
ギガスピード
ハイスピード
ファミリー
ファミリー・ライト
0円 450円
マンション
(集合住宅)
ギガスピード
ハイスピード
マンション
ソフトバンク光になって新たに発生したオプション料金ではなく、フレッツ光でも支払っていた料金ということですね。

ちなみにソフトバンク光の光電話(N)とは、フレッツ光「ひかり電話」の電話番号を番号ポータビリティ(MNP)で引き継ぐことができるプランとなります。

関連記事:ソフトバンク光の光電話(N)とは?料金・通話料・オプションを解説

おうち割 光セットで「ホームゲートウェイ」のWi-Fiが無料になる

ソフトバンク光では、ソフトバンクのスマートフォン・携帯とのスマホセット割「おうち割 光セット」を適用可能です。

おうち割 光セットの適用条件として、

の3つのオプションに加入する必要があります。

通常は、月額1,457~1,957円かかってきますが、「おうち割 光セット」を適用させた人だけ、3つのオプションの月額料金が500円(税込540円)になります。

そして、光BBユニットとWi-Fiマルチパックの組み合わせにより、自宅でWi-Fi(無線LANルーター)が使えるようになります。

つまり、ホームゲートウェイのWi-Fi機能が必要なくなるということです。

東日本エリアでホームゲートウェイに「Wi-Fi機能」を付けるために毎月300円支払っている場合は、「光BBユニット+Wi-Fiマルチパック」に代替えすることで1年間で3,600円、2年間で7,200円、3年間で10,800円の通信費を下げることができます。

なお、フレッツ光のホームゲートウェイのWi-Fi機能もソフトバンク光の「無線LAN(N)」に引き継がれています。

解約するときは、ソフトバンク光のお問い合わせ窓口に連絡をしましょう。

最後に

ホームゲートウェイは、光ファイバーの「光信号」をパソコン、スマホ、電話機などの機器が理解できるようにする重要な役割があります。

そのため、

  • インターネット
  • 電話

を利用するのなら必須です。

また、ホームゲートウェイは、特殊な機器となっており、家電量販店など一般には販売されていません。

インターネット光回線を契約したら、ホームゲートウェイと同様の役割をする機器は、必ずレンタルする必要があります。

高額キャッシュバック!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

株式会社NEXT

最大154,000円の高額キャッシュバック実施中!

ソフトバンク光を契約するなら、こちらがダントツでおすすめ。公式と比べて、”最大35,000円”もお得!大人気ゲーム機「Nintendo Switch」を選ぶことも可能です。申し込み時にキャッシュバック申請が完了!還元率100%でもらい忘れがなく、口コミ評判も上々です。

ソフトバンク光は、どこの窓口で申し込んでも「品質」「月額料金」「初期費用」などは変わらないので、キャッシュバック額が高く、安心・確実にもらえる代理店から申し込むのをおすすめします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です