auひかりの無線LANルーター(Wi-Fi)選び方・おすすめ紹介

auひかりを使ってるけど、通信速度が遅い・・・。

それは、もしかしたら、無線LANルーターが原因かもしれません。

せっかく、毎月高い通信費を払っているのだから、どうせなら、通信環境を整えて快適なインターネットライフを送りたいところ。

この記事では、auひかりで無線LANルーター(Wi-Fi)を使うなら、どれがベストか、おすすめを紹介していきます。

無線LANルーターの選び方

どの無線LANルーターを選ぶかは、auひかりの契約プラン(通信速度)によって変わってきます。

auひかりで契約中のプランは、『My au』にログインすることで確認できます。

例えば、auひかりの通信速度が100Mbpsしかないのに、1Gbps対応の無線LANルーターを購入しても意味がありません。

逆に通信速度が1Gbpsなら、無線LANルーターも1Gbps対応にするべきという判断になります。

おすすめの無線LANルーター

では、auひかりにおすすめの無線LANルーターはどれか?紹介していきます。

契約中のプランと照らし合わせて、選んでいきましょう。

契約プランが1Gbps

auひかりの契約プランが

通信速度1Gbpsの契約プラン一覧
戸建て ずっとギガ得プラン、ギガ得プラン、標準プラン
マンション マンションギガ、マンションミニギガ

に当てはまる方におすすめ。

こちらの無線LANルーターは、有線LAN接続で最大1Gbps(1000Mbps)、無線LAN接続で最大1.733Gbps(1733Mbps)に対応。

1Gbpsの通信速度を目一杯使うことができます。

  • IPv6(v6プラス、transix、IPv6オプション)
  • MU-MIMO(最大3台の同時処理が可能)
  • ビームフォーミング機能(スマートフォン・タブレットなどの位置・距離を判別する技術)
  • アドバンスドQoS(動画、音声、ゲームなどの優先度を設定)

といった高速化技術にも対応しており、ホームページや動画の読み込み、SNSへの画像アップロード、大容量ファイルのダウンロードなど、あらゆる動作が速くなり、快適なインターネットライフを送れます。

この1台でも十分ですが、仮に遠すぎて電波が届かない部屋が出てきたとしても、もう一台購入すれば、最新技術「メッシュネットワーク」の構築により家中途切れることなく、インターネットができます。

特に大人数でインターネットを使っている家庭におすすめです。

契約プランが100Mbps

auひかりの契約プランが

通信速度100Mbpsの契約プラン一覧
マンション マンションV(VDSL方式)、都市機構デラックス(VDSL方式)、タイプE(イーサ方式)、タイプF(光ファイアー方式)

に当てはまる方におすすめ。

有線LAN接続で最大1Gbps(1000Mbps)、無線LAN接続で最大300Mbpsに対応。

性能で言えば、先ほど紹介したバッファロー製「WXR-2533DHP2」が圧倒的に高くなりますが、通信速度100Mbpsではオーバースペックとなってしまいます。

通信速度100Mbpsであれば、こちらの製品が価格も安く、性能としても十分です。

普通にインターネットで調べ物をしたり、高画質動画を視聴するのであれば、全く問題なくサクサク動いてくれます。

契約プランが5Gbps、10Gbps

auひかりの契約プランが

通信速度10Gbps、5Gbpsの契約プラン一覧
戸建て auひかり ホーム10ギガ、auひかり ホーム5ギガ

に当てはまる方におすすめ。こちらは、2018年3月1日、受付を開始した新プランとなります。

※現状、提供エリアは、関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の一部となっており、利用できるユーザーは限られています。

もし、この契約プランで10Gbpsの恩恵を受けようと思ったら、ネットギア製「R9000-100JPS」を選ぶべきです。

有線LAN接続で最大1Gbps、無線LAN接続で最大4.6Gbpsに対応しており、圧倒的な性能を誇り、ネット上でも高評価となっています。

端末側(パソコン、タブレット、スマートフォン)がほぼ対応していない問題がありますが、「数十台と一斉にWi-Fi接続をする」「最強無線LANルーターがほしい」方には、おすすめです。

auひかりで無線LAN搭載のホームゲートウェイをレンタルできる

auひかりでは、無線LAN搭載のホームゲートウェイをレンタル可能です。

auひかりでレンタルすることでややこしい無線LAN機能の設定をすることなく、すぐにWi-Fi機能が使えるメリットがあります。

現在、auひかりでレンタルできる最新機種は、次のとおりです。

BL1000HW BL902HW
auひかりのプラン 戸建て、マンションギガ、マンションミニギガ マンション タイプV、都市機構DX
有線LAN 最大10Gbps 最大1Gbps
無線LAN 最大2.4Gbps(2,400Mbps) 最大0.45Gbps(450Mbps)
無線LAN規格 IEEE802.11ax(Draft)/ac/a/b/g/n IEEE802.11ac/a/b/g/n
消費電力 最大約34W 最大約22W
重量 約1.0kg 約0.7kg
auひかりでは、契約プランに応じたホームゲートウェイを貸し出してくれます。

例えば、マンション タイプV、都市機構DXの場合は、通信速度が最大100Mbpsなのでホームゲートウェイは最大450Mbpsに対応したものが貸し出されることになります。

月額料金は500円

auひかりで無線LAN搭載のホームゲートウェイをレンタルする場合は、月額料金500円がかかってきます。

月単位で見れば、そこまで高くありませんが、

  • 1年間で6,000円
  • 2年間で12,000円
  • 3年間で18,000円
  • 4年間で24,000円
  • 5年間で30,000円

と使えば使うほど、馬鹿にできない利用料金となります。

故障したときは無償で交換してくれるメリットはありますが、auひかりを解約した際は、返却しなければなりません。

無線LANルーターは、購入後4~6年は問題なく動くので長い目で見れば、購入した方がお得です。

auスマートバリューに加入してるなら月額料金は無料

auスマートバリューに加入中なら無線LAN搭載のホームゲートウェイを無料レンタルできます。

auスマートバリューとは、

  • auのスマートフォン・携帯電話・タブレット・パソコン
  • auと提携したインターネット光回線(ネット + 電話)

の両方を契約することによりスマートフォン・携帯電話等の月額料金から500円~1,000円が割引されるサービスです。

契約者本人だけでなく、同居中の家族(親、配偶者、子供)や住所が違う50歳以上の家族も最大10回線まで適用することができます。

例えば、auスマートバリューの適用が

  • 1人なら、月額1,000円、年間12,000円
  • 2人なら、月額2,000円、年間24,000円
  • 3人なら、月額3,000円、年間36,000円
  • 4人なら、月額4,000円、年間48,000円
  • 5人なら、月額5,000円、年間60,000円

もお得になります。

古いホームゲートウェイは最新機種に交換できる

現在、auひかりで古いホームゲートウェイをレンタルしているなら最新機種に交換することも可能です。

機種変更の費用として3,000円がかかりますが、通信速度が大幅に向上する可能性があります。

次は、これまでauひかりで貸し出された無線LAN対応のホームゲートウェイ一覧です。

機種名 通信速度
BL1000HW(最新機種) 最大2.4Gbps
BL902HW(最新機種) 最大450Mbps
BL900HW 最大450Mbps
BL190HW 最大54Mbps
BL170HV 最大54Mbps
BL172HV 最大54Mbps

例えば、auひかりの契約プランを最大1Gbpsにしているにも関わらず、ホームゲートウェイの機種が「BL190HW」であれば、Wi-Fiの通信速度が最大54Mbpsに制限されます。

このときは、ホームゲートウェイの機種を「BL190HW」から「BL1000HW(最新機種)」に交換してもらうことで大幅な速度アップが期待できます。

手続方法

auひかりのホームゲートウェイを最新機種に交換するには、KDDIお客様センターに問い合わせましょう。

KDDIお客様センター

電話番号:0077-777 または 0120-22-0077(通話料無料)

※受付時間:9:00~20:00(年中無休)

新しいホームゲートウェイが届いたら接続設定をします。

ホームゲートウェイとONUをLANケーブルで繋いでから電源ケーブルを差し込めば完了です。

出典:auひかり

これでパソコンやスマートフォンとWi-Fi接続ができるようになりました。

iPhoneの場合は「設定アプリ」→「Wi-Fi」に移動してからホームゲートウェイの裏面に記載されている「SSID」を探し出してタップします。

パスワードの入力が求められるのでホームゲートウェイの裏面に記載されている「パスワード」を入力しましょう。

ホームゲートウェイと端末の接続設定が完了したら、これまでレンタルしていた古いホームゲートウェイを返却します。

KDDIから「着払い用の伝票」が届くので梱包箱やダンボールなどに入れて返却しましょう。

auひかりを新規契約するなら「無線LANルーター」が無料で手に入る

これからauひかりを契約するのであれば『株式会社NNコミュニケーションズ』から申し込むことで現金最大47,000円 + 無線LANルーターのキャッシュバックを受け取ることができます。

さらにauひかりの公式キャッシュバックも受け取ること可能です。

特典1 他社固定回線または他社モバイルデータ通信端末の違約金を全額負担
(最大55,000円まで)
※条件複数あり
特典2 auスマートバリューに2回線以上新規登録で1回線につき最大10,000円分を還元
特典3 回線工事費0円
(最大37,500円相当)

無線LANルーターの機種は、国内メーカー・NEC製「Aterm WG2600HS」となります。

created by Rinker
NEC
¥9,000 (2020/09/30 11:05:40時点 Amazon調べ-詳細)
有線LAN 最大10Gbps
1000BASE-T、100BASE-TX
無線LAN 最大1.733Gbps
IEEE802.11ac/a/b/g/n

こちらの機種は、

  • IPv6 High Speed
  • MU-MIMO(最大3台の同時処理が可能)
  • ビームフォーミング機能

といった高速化ギジュに対応しているハイグレード高速Wi-Fiルーターとなっています。

auひかりで無線LANが繋がらない原因と対処法

auひかりで無線LANが繋がらないときは、無線LANルーターの不具合や故障の他にも次の原因が考えられます。

  • コンセントやLANケーブルが外れている
  • 通信機器に不具合が生じている
  • auひかりで通信障害が発生している
  • auひかりの利用者が多くて混雑している
  • 通信機器が故障している
  • auひかりに問い合わせよう

買い替えをする前に一つ一つ確認していきましょう。

コンセントやLANケーブルが外れている

まずは、通信機器(ONU、ホームゲートウェイ、無線LANルーター)のコンセントやLANケーブルが正常に接続されているかを確認しましょう。

auひかりのONUであれば「ホームゲートウェイ」「通信」「光入力」「電源」の部分が緑色に点灯・点滅していれば正常に接続されているということです。

auひかりのホームゲートウェイ(BL1000HW)であれば「ネット」「無線」「電源」の部分が緑色に点灯していれば正常に接続されています。

部屋の掃除や模様替えなど、何かの拍子で外れている可能性があるので接続状況は一番はじめにチェックしましょう。

通信機器に不具合が生じている

無線LANルーターを長く使用していると不具合が生じることがあります。

主な原因としては、

  • 無線LANルーター内部に熱がたまっている
  • 端末ごとに割り当てられるチャンネルが重複している
  • アクセスログが蓄積して動作不良を起こしている

などです。

そんなときは、通信機器を再起動させてみましょう。

手順としては、

  1. 通信機器(ホームゲートウェイまたは無線LANルーター)の電源コードを抜く
  2. 20~60秒ほど放置する
  3. もう一度電源コードを差し込む

となります。

上記と合わせて念のためにパソコンやスマートフォンの再起動もしておきましょう。

僕の経験上、突然Wi-Fiが繋がらなくなったときは、通信機器を再起動することで解決するケースが多いです。

光回線終端装置(ONU)の再起動をする

上記で解決しない場合は、光コンセントと直接接続されている「光回線終端装置(ONE)」も再起動させましょう。

ただし、

  • 電源コードを抜くときは「ホームゲートウェイ(無線LANルーター)」→「ONU」
  • 電源コードを差し込むときは「ONU」→「ホームゲートウェイ(無線LANルーター)」

という順番で行う必要があります。

ホームゲートウェイを初期化する

ホームゲートウェイの再起動で復旧しない場合は、初期化するのも一つの手です。

手順としては、

  • ホームゲートウェイの電源ケーブルを抜く
  • ホームゲートウェイの上部にある「更新ボタン」を押しながら電源ケーブルを差し込む

だけです。

ホームゲートウェイを初期化しても無線LAN設定は消えないので安心してください。

auひかりで通信障害が発生している

auひかりが繋がらない場合は、通信障害・メンテナンス中の可能性があります。

通信障害・メンテナンス情報は『障害情報・メンテナンス情報』から確認することが可能です。

例えば、2020年1月22日(水)04:15頃に東京都多摩市でauひかりマンションの一部でサービスが利用できない状態となっているなどの障害情報をチェックできます。

また、TwitterなどのSNSで「auひかり 障害情報」と検索することで障害情報をリアルタイムにチェックすることが可能です。

auひかりの公式サイトの情報は更新が遅れることもあるので、すぐに情報を知りたい場合は、SNSを活用するといいでしょう。

auひかりの回線ではなく、プロバイダで障害が発生している可能性もあるのでチェックすると良いでしょう。

auひかりの利用者が多くて混雑している

auひかりが特定の時間帯だけ繋がらない場合は、回線の混雑が考えられます。

一般的にインターネット利用者が多くなるのは、20時~24時のゴールデンタイムです。

毎日、この時間帯に繋がらないのであれば、auひかり回線が原因となるので無線LANルーターを買い替えたところで改善しない可能性があります。

他のインターネット光回線・プロバイダに乗り換えることをオススメします。

インターネット光回線比較!通信速度が速いプロバイダ8社

2018年5月24日

auひかりに問い合わせよう

これまで紹介した通信機器の再起動や初期化など行っても解決しない場合は、auひかりに問い合わせてみましょう。

auひかりが繋がらない原因が

  • ONU
  • ホームゲートウェイ

などの故障であれば、新品に交換してもらうことも可能です。

その他にもマンション全体が繋がらないなど、回線自体に問題があれば個人では解決できないため下記の窓口に問い合わせてみましょう。

KDDIお客様センター 接続設定・故障など

電話番号:0077-7076(通話料無料)

※受付時間:9:00~23:00

最後に

以前、私は家電量販店で働いていましたが、そのとき「どの無線LANルーターを選べば良いのか」よく聞かれたものです。

今回は、このような経験を踏まえて、できる限り分かりやすくまとめてみました。

基本的に無線LANルーターは、頻繁に買い替えるものではありませんので、レンタルより購入した方が長い目でみればお得です。

ただ、auひかりでは、「auスマートバリュー」に加入している方を対象に無線LANルーターを無料で提供しています。

auスマートバリューに加入しているのであれば、レンタルを強くおすすめします。

auひかりのキャンペーン・キャッシュバック比較!公式・代理店おすすめは?

2018年4月14日

高額キャッシュバック!auひかりおすすめNo.1窓口

株式会社NNコミュニケーションズ

最大142,500円の高額キャッシュバック実施中!

auひかりを契約するなら、こちらの窓口がおすすめ。公式と比べて、”最大50,000円”もお得!申し込み時にキャッシュバック申請が完了!もらい忘れがありません。auひかりの提供元である「KDDI株式会社」からも5期連続表彰を受けています。

auひかりは、どこの窓口で申し込んでも「品質」「月額料金」「初期費用」などは変わらないので、キャッシュバック額が高く、安心・確実にもらえる代理店から申し込むのをおすすめします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です