ソフトバンク光のモニター割とは?最大1600円割引だけど大丈夫?

先日、僕のスマートフォンにソフトバンクから”モニター割のご案内”というSMS(ショートメッセージ)が届きました。

内容を確認すると

  • 毎月のインターネット料金が最大1,600円安くなる
  • 環境調査アンケートに答えるとQUOカード500円分がプレゼントされる

というどう考えてもお得な内容でした。

送信元が「+81 800 111 2009(0800-111-2009)」となっていたので怪しい詐欺も疑いましたが、調べてみると本物の「ソフトバンク株式会社」が利用している電話番号と判明。

どうやらソフトバンクが公式で実施しているキャンペーンのようでSNSでも話題となっていました。

この記事では、ネットで情報の乏しいソフトバンクのモニター割についてまとめてみました。

ソフトバンクのモニター割とは?

ソフトバンクのモニター割とは、

  • テレビの視聴情報
  • スマートフォンやタブレットの利用情報

などを提供することでインターネット回線(ソフトバンク光またはソフトバンクAir)の基本料金から最大1,600円の割引が受けられるサービスです。

提供した情報は、個人の特定ができない状態にした加工した上で「アンケートなどの調査会社」「調査依頼会社」「広告配信会社」などに提供されます。

出典:ソフトバンク

割引額

ソフトバンクのモニター割によりインターネット回線の基本料から割引される金額は、次のとおりです。

調査の種類 割引額/月
TV測定器の接続・設置
テレビの視聴調査
1台 500円(必須)
2台 200円
3台 200円
スマートフォン利用調査 500円(必須)
タブレット・パソコン利用調査 200円(任意)
アンケート調査 都度設定(任意)

※テレビの2台目、3台目については該当する方のみ対象となります。

例えば「テレビ1台」「スマートフォン」「タブレット」の利用調査に協力すれば、毎月1,200円の割引を適用できるということですね。

最大で毎月1,600円、1年間で最大1万9,200円+アンケート調査の報酬を受けられるのは大きいですね。

調査の種類ごとの収集データ

ソフトバンクのモニター割では「テレビ視聴調査」「スマートフォン利用調査」「タブレット・パソコン利用調査」「アンケート回答」の合計4種類の調査が行われます。

それぞれの収集データは、次のとおりです。

調査ごとの収集データ
テレビ視聴調査
(必須)
テレビから流れる音声、情報、利用日時
※テレビから流れる音声以外は取得されません。
スマートフォン利用調査
(必須)
ウェブサイトの閲覧履歴、検索キーワード、広告の閲覧・クリック数に関する履歴、閲覧日時、閲覧方法(ブラウザの種別)、利用されたアプリケーション(名称、起動時間、バージョンなど)、スマートフォンの位置情報、IPアドレスなど
※送受信されたテキスト、画像、個人情報、クレジットカード番号などは収集していません。
タブレット・パソコン利用調査
(任意)
ウェブサイトの閲覧履歴、検索キーワード、広告の閲覧・クリック数に関する履歴、閲覧日時、閲覧方法(ブラウザの種別)など
※送受信されたテキスト、画像、個人情報、クレジットカード番号などは収集していません。
アンケート回答
(任意)
スマートフォンにSMSで連絡してアンケートに回答

※テレビ視聴調査のために「テレビ専用の測定器(TV)測定器」を接続します。
※スマートフォン、タブレットの利用調査のために「専用アプリケーション(でたもに、ぶらもに)」をインストールします。
※パソコンの利用調査のために「専用ソフトウェア(ぱそもに)」をインストールします。

ソフトバンクのモニター割を受けるためには、スマートフォンのウェブサイトの閲覧履歴を提供しなければなりません。

その辺りについて「月額料金を安くするために受け入れるべきか?」を考える必要ありそうですね。

申し込み資格

ソフトバンクのモニター割に参加するための申し込み資格は、次のとおりです。

モニター割の申し込み資格
年齢 18歳以上69歳以下
契約中 ソフトバンク光 または ソフトバンクAir
居住地域 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県
自宅の環境 ・地上波が視聴できるテレビを持っている
・スマートフォンを日常的に利用している
制限 ・本人または同居中の家族がマスコミおよび調査会社関係者でないこと
・モニター割が適用中でないこと
・過去にモニター割を解約していないこと
・他社の機械式調査に協力していないこと
前提としてソフトバンクに登録している携帯電話番号のSMSに「モニター割」の案内が届いている必要もあります。

ソフトバンクの「モニター割」の気になる声

ここまで読むと多少の情報提供に目をつぶれば、通信費用を年間1万円以上も節約できるお得なサービスです。

しかしながら、ソフトバンクの「モニター割」についてネット上で利用者の声(口コミ・評判)を調べてみると気になる点もありました。

テレビをつける度に認証の手間がかかる

Twitterの報告によるとテレビをつける度に認証の手間が生じるようです。

ソフトバンクの「モニター割」の説明にも書かれておらず、他に同様の報告がないため真偽の程は不明ですが、本当だとしたら結構な手間になりますね。

この点だけが不安であれば、一度ソフトバンクに問い合わせてみるのも良いでしょう。

モニター割の解約時の送料は自己負担

ソフトバンクのモニター割では、データ収集のための機器をテレビに取り付けます。

このテレビ測定器は、解約の翌日20日までに自己負担で返却しなければなりません。

※未返却の場合は、違約金1万5,000円が発生します。

ソフトバンクの「モニター割」適用までの流れ

ここからは、ソフトバンクの「モニター割」適用までの流れ(申し込み~契約成立まで)を解説します。

申し込み

ソフトバンクのモニター割を受ける場合は、SMSのリンクをクリックして申し込みます。

まずは「▼「モニター割」のお申し込みはこちら」をタップしましょう。

My SoftBankのログインページが開くので「電話番号」「郵便番号」「生年月日」を入力してログインします。

※「+81 800 11 2009」から届いたSMSは、ソフトバンク株式会社なので安心してください。

モニター割のサービス内容についてのページに移動します。

「概要」「モニター割適用までのステップ」「調査の種類」「割引について」「お申し込みについて」「注意事項」「適用される規約」「重要事項説明書」を確認して申し込みましょう。

アンケートに答える

ソフトバンクのモニター割に申し込むと、ソフトバンクから「アンケートページのURL」が記載されたSMSが届きます。

30日以内にインターネット回線の契約者本人がアンケートに回答しましょう。

契約

ソフトバンクよりモニター参加の抽選結果の連絡が届きます。

当選していた場合は、30日以内に承諾の連絡をすることでモニター割の登録が完了します。

なお、モニター割は、

  • ソフトバンクから届いたTV測定器の接続・設定をする
  • スマートフォンやタブレットにアプリケーションのインストールをする

といった作業を行った後、ソフトバンク側でデータの収集が確認できた月から開始されます。

ソフトバンクのモニター割の解約について

ソフトバンクのモニター割には、最低利用期間や違約金などは設定されていません。

そのため、モニター割の解約を申し出すれば、月の末日ですぐに解約ができます。

ただし、

  • TV測定器の送料は自己負担
  • 解約後は再申し込みできない

という点には注意しましょう。

最後に

ソフトバンクのモニター割は、公式で実施しているサービスです。

フィッシング詐欺などの類ではないので安心してください。

ただ、実際にモニター割の申し込みをする際は「どこからどこまでテレビやスマートフォンの利用情報が収集されるか?」を確認する必要があります。

ソフトバンク光やソフトバンクAirから毎月最大1,600円が割引されるのは魅力的ですが、まずは内容をきちんと確認して納得した上で申し込むようにしましょう。

高額キャッシュバック!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

株式会社NEXT

最大154,000円の高額キャッシュバック実施中!

ソフトバンク光を契約するなら、こちらがダントツでおすすめ。公式と比べて、”最大35,000円”もお得!大人気ゲーム機「Nintendo Switch」を選ぶことも可能です。申し込み時にキャッシュバック申請が完了!還元率100%でもらい忘れがなく、口コミ評判も上々です。

ソフトバンク光は、どこの窓口で申し込んでも「品質」「月額料金」「初期費用」などは変わらないので、キャッシュバック額が高く、安心・確実にもらえる代理店から申し込むのをおすすめします。




2 件のコメント

  • 同様のキャンペーンの案内が携帯電話にかかってきました。
    0120-560-532 が発信元です。
    忙しかったので後日連絡を頂く予定ですが、この番号は御社を語った詐欺ですか?

    • 調べたところ詐欺ではなく、ソフトバンク光が公式で実施しているモニター割の案内みたいですね。
      積極的な訴求のようで、しつこくかかってくるという方も多数いるようです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です