So-net光の無線LANルーター(Wi-Fi)選び方・おすすめ紹介

So-net光を使っているけど、通信速度が遅い・・・。

それは、もしかしたら、無線LANルーターが原因かもしれません。

せっかく、毎月高い通信費を払っているのだから、どうせなら、通信環境を整えて快適なインターネットライフを送りたいところ。

この記事では、元家電量販店店員が「So-net光で無線LANルーター(Wi-Fi)を使うなら、どれがベストか」おすすめを紹介していきます。

無線LANルーターの選び方

どの無線LANルーターを選べばいいかは、So-net光の契約プラン(通信速度)によって変わってきます。

So-net光で契約中のプランは、『So-netマイページ』にログインすることで確認できます。

例えば、So-net光の契約プランが100Mbpsしかないのに、1Gbps対応の無線LANルーターを購入してもオーバースペックで意味がありません。

逆に契約プランが1Gbpsであれば、無線LANルーターも1Gbps対応にするべきという判断になります。

おすすめの無線LANルーター

では、So-net光におすすめの無線LANルーターはどれか?紹介していきます。

契約中のプランと照らし合わせて、選んでいきましょう。

契約プランが1Gbps

So-net光の契約プランが

通信速度1Gbpsの契約プラン一覧
戸建て ホームずっとギガ得プラン、ホームギガ得プラン
マンション マンションミニギガ、マンションギガ

に当てはまる方におすすめ。

こちらの無線LANルーターは、

  • 有線LAN接続で最大1Gbps(1000Mbps)
  • 無線LAN接続で最大4.803Gbps(4803Mbps)

に対応。

最新のWi-Fi規格「Wi-Fi 6(11ax)」に対応したことでSo-net光の光回線速度1Gbpsを目一杯活用することが可能です。

  • IPv6(v6プラス、transix、IPv6オプション)
  • OFDMA(複数の端末と同時通信が可能)
  • MU-MIMO(最大3台の同時処理が可能)
  • ビームフォーミング機能(スマートフォン・タブレットなどの位置・距離を判別する技術)
  • アドバンスドQoS(動画、音声、ゲームなどの優先度を設定)
  • TWT(スマホなどの端末の待ち受け時間を制御して省電力化)

といった高速化技術・機能にも対応しており、インターネットでの調べ物はもちろん、SNS(Twitter、Facebook)での投稿、大容量ファイルのダウンロード、4K高動画の視聴など、あらゆる動作が高速になり、快適なインターネットライフが送れることが可能。

それだけでなく、子どものゲーム機やスマートフォンに時間帯ごとにアクセス制限をかけたり、有害サイトの閲覧を制限できるフィルタリング機能も搭載しています。

ゲストポート機能を使えば、訪問した友人にWi-Fi接続だけを提供することも可能です。

契約プランが100Mbps

So-net光の契約プランが

通信速度100Mbpsの契約プラン一覧
戸建て ホーム標準プラン
マンション マンションE8、マンションE16、マンションV8、マンションV16、マンション都市機構(DX)、マンションF / マンションF(S)

に当てはまる方におすすめ。

こちらの無線LANルーターは、

  • 有線LAN接続で最大1Gbps(1000Mbps)
  • 無線LAN接続で最大300Mbps

に対応。

契約プランが100Mbpsであれば、価格も安く、十分な性能となっています。

普通にインターネットで調べ物をしたり、高画質動画を視聴するのであれば、全く問題なくサクサク動いてくれます。

So-net光で無線LANルーターをレンタルするってどう?

So-net光では、v6プラス対応の無線LANルーターをレンタルできます。

条件は、

  • v6プラス(初期費用、月額料金0円)

の申し込みだけです。

無線LANルーターのレンタルは、月額440円となります。

月単位で見れば、そこまで高くありませんが、

  • 1年間で5,280円
  • 2年間で10,560円
  • 3年間で15,800円

と使えば使うほど、馬鹿にできない利用料金となります。

また、So-net光を解約した場合は、返却しなければなりません。

もし、一定期間経過しても返却をしない場合は、未返却違約金として6,200円(不課税)が発生します。

また、故障したときの修理または交換は、完全な無償対応とはならず、有償交換手数料6,200円(税抜)が発生する可能性があります。

長い目で見れば、ご自身で無線LANルーターを購入したほうがお得と言えます。

So-net光 電話と契約なら月額100円~

IP電話サービス「So-net光 電話(月額500円)」を契約するなら月額100円でWi-Fi環境を整えることができます。

レンタル内容 月額料金
東日本エリア 1G対応無線LANルーター 330円
無線LANカード 110円
西日本エリア 無線LANカード 110円

無線LANカードとは、ホームゲートウェイ(ひかり電話を使えるようにする機器)に差し込んでWi-Fi対応させるためのLANカードです。

ホームゲートウェイを無線LANルーターとして利用することで別途無線LANルーターを購入・レンタルする必要がありません。

ただし、So-net光 電話の契約でレンタルできる「ホームゲートウェイ」の性能はまちまちであり、通信速度1Gbpsに対応させたいなら月額330円の1G対応無線LANルーターをレンタルする必要があります。

So-net光 電話の契約には、月額550円がかかります。

そのため、

  • 自宅で固定電話を使いたい
  • auスマホのセット割「auスマートバリュー」を適用させたい

を適用させたい場合を除いて、必要はありません。

So-net光プラスに新規で申し込むなら無線LANルーターは永年無料

So-net光プラスに新規で申し込むと無線LANルーターを永年無料でレンタルすることも可能です。

※元々は、So-net光という名称で提供されていましたが、2018年11月1日から大幅なプラン見直しにより「So-net光 プラス」に生まれ変わりました。

条件としては、

  • 公式サイトから申し込む
  • So-net光プラスと同時に「So-net v6プラス対応ルーター」を申し込む

です。

So-net光プラスは、公式サイトから申し込むことにより割引特典を適用可能。

月額料金から2年間にわたって毎月最大2,798円が割引され、

  • 戸建て:6,578円 → 3,780円
  • マンション:5,478円 → 2,780円

という他社と比較しても、かなり安い料金で利用することができるのでオススメです。

※本キャンペーンは公式サイト限定の特典です。

最後に

以前、私は家電量販店で働いていましたが、そのとき「どの無線LANルーターを選べば良いのか」よく聞かれたものです。

今回は、このような経験を踏まえて、できる限り分かりやすくまとめてみました。

基本的に無線LANルーターは、一度購入したら長期間使えるものですので、レンタルより購入した方が長い目でみればお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

家電量販店での光回線販売員時代に感じた「インターネット光回線のプランは複雑すぎる。」を解消するために、当ブログを立ち上げました。ファイナンシャルプランニング技能士(FP)の知識も活かして家庭の通信費を削減・節約できる情報を分かりやすく解説します。