So-net光の通信速度が遅い?IPv6(v6プラス)で高速化しよう

「So-net光が遅すぎてイライラする。」

そんな不満を持っている方は多いのではないでしょうか?

So-net光は、世界的な電機メーカー”ソニー”が提供する光コラボレーションモデルです。

フレッツ光と全く同じ光回線が使われているため、光回線の品質自体には問題はありません。

しかし、近年、インターネット利用者数の増加や高画質動画の視聴などによるトラフィック(インターネットのデータ量)増加により、NTTが管理する「網終端装置」が混雑。

So-net光を含む光コラボ全体で通信速度が極端に低下するようになりました。

この問題を解決するのが、So-net光で無料提供されている次世代通信技術「v6プラス」です。

どのくらい「v6プラス」で通信速度が速くなる?

皆さんは、インターネットの通信速度がどのくらあれば良いと考えていますか?

100Mbps?200Mbps?300Mbps?

いいえ、そんなに必要ありません。

まず、インターネットの通信速度は10Mbps以上出てれば快適に使用することができます。

  • HD画質動画で5Mbps
  • 4K画質動画でも30Mbps

あれば快適に視聴できます。

ネット上の口コミを見てみると、So-net光 プラス「v6プラス」導入により通信速度が約600Mbps出ているケースがありました。

もちろん、お住まいの地域や環境によって変わってきますが、v6プラスを試してみる価値は十分にあります。

So-net光で「v6プラス」を設定する方法

So-net光で次世代通信技術「v6」を導入する手順は、

  1. v6プラスに申し込む
  2. 市販ルーターでインターネット接続をする

の2ステップです。

So-net光の「v6プラス」申し込みには、初期費用や月額料金は一切かかりません。

1、v6プラスに申し込む

まずは『So-net v6プラス』に移動します。

一番下までスクロールすると「ご相談・申し込み」があります。

現在、So-net光を契約中であれば、”So-netの接続サービスをご利用中のお客様”の「お申し込み」をクリック。

So-net光を「v6プラス」で新規に申し込みたいなら、”So-netの「v6プラス」対応サービスおw新規に申し込むお客さま”の「So-net 光 プラス サービス詳細・お申し込み」をクリックしましょう。

ユーザーIDとパスワードを入力してログインをしてから、必要事項を埋めていきましょう。

あとは、So-net光「v6プラス」の開通メールを待つだけ。だいたい1~2日で開通するようです。

2、市販ルーターでインターネット接続をする

So-net光で次世代通信技術「v6プラス」を利用するには、v6プラス対応の無線LANルーターを使用する必要があります。

v6プラス対応の無線LANルーター

  • 市販
  • レンタル

のいずれかで準備することが可能です。

レンタルってどうなの?

So-net光でv6プラス対応の無線LANルーターをレンタルするには、月額400円かかってきます。

月単位で見れば、そこまで高くありませんが、

  • 1年間で4,800円
  • 2年間で9,600円
  • 3年間で14,400円

と使えば使うほど、馬鹿にできない利用料金となります。

故障したときは無償で交換してくれるメリットはありますが、So-net光を解約した際は、返却しなければなりません。

そのため、長い目で見れば、購入した方がお得です。

なお、So-net光を新規契約するときは、v6プラス対応の無線LANルーターを12ヶ月間無料レンタルできるので積極的に活用しましょう。

市販ルーターを購入する

おすすめのIPv6対応の無線LANルーターは、バッファロー製「WRM-D2133HP 」です。

有線LAN 1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac

有線LAN接続で最大1Gbps(1000Mbps)、無線LAN接続で最大1.733Gbps(1733Mbps)に対応しています。

さらに、

  • IPv6(v6プラス、transix、IPv6オプション)
  • MU-MIMO(最大3台の同時処理が可能)
  • ビームフォーミング機能(スマートフォン・タブレットなどの位置・距離を判別する技術)
  • アドバンスドQoS(動画、音声、ゲームなどの優先度を設定)

などにも対応しており、性能面では文句なしです。

高画質動画の視聴したり、SNSで画像・動画をアップロードしたり、ネットから大容量ファイル(動画など)をダウンロードしたり、あらゆる動作を快適にできます。

市販ルーターを接続する

市販ルーターを購入したら「ONU」ー「市販ルーター」という順番で接続してみます。

市販ルーターを「ルーターモード」にする

ルーター設定は、とても簡単です。

市販ルーターの側面にあるスイッチを「AUTO」「ROUTER」に切り替えるだけで完了します。

▲バッファロー製「WRM-D2133HP 」の場合は、上記の図の(6)を「AUTO」(7)を「ROUTER」に設定します。

市販ルーターで「v6プラス」の設定をする

続いては、市販ルーターの設定画面を開いて「v6プラス」が利用できるように設定していきます。

Webブラウザ(Internet Explorer、Google Chrome、Firefox、Safariなど)のアドレスバーに「http://192.168.11.1」を入力して移動します。

ログイン画面が表示されるので「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:password

ルーターの管理画面に移動するので右下にある「詳細設定」をクリック。

出典:バッファロー

画面左メニューの「Internet」→「IPv6」を選択して、「インターネット@スタートを行う」→「パススルーを許可する」にチェックを入れます。

以上でSo-net光のv6プラスの設定は完了です。

So-net光の「v6プラス」で接続したけど通信速度が遅いまま・・・

So-net光に限らず、インターネット光回線(プロバイダ)は、その地域で「使っている人数」や「設備環境」によって通信速度が大きく変わってきます。

もし、どうしても不満があるのであれば、いっそのこと乗り換えてみるのも良いでしょう。

多少、手続きに手間は要しますが、代理店によっては高額キャッシュバックを受け取ることも可能です。

次の記事では、「公式速度」「速度に関する評判・口コミ」などを総合評価。

通信速度が速いオススメのプロバイダを元光回線販売スタッフがランキング形式にしましたので、ぜひ参考にしてください。

インターネット光回線比較!通信速度が速いプロバイダ8社

2018年5月24日

また、「光回線・プロバイダを乗り換えしたいけど、高い違約金・解約金を払いたくない!」という方は、次の記事を参考にしてください。

インターネット光回線の違約金・解約金を全額負担してくれるプロバイダ一覧

2017年11月15日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です