マンション「VDSL方式」の無線LANルーター選び方・おすすめ紹介

マンションに引っ越すけど、インターネットが「VDSL方式」しか対応していない。

そこで疑問に思うのが

「VDSL方式で選ぶべき無線LANルーターって何だろう?」

「VDSL方式の速度って遅いのだろうか?」

「VDSL方式はADSLと関係があるのだろうか?」

といった点です。

この記事では、マンション「VDSL方式」におすすめの無線LANルーターとVDSL方式の疑問にお答えしていきます。

VDSL方式は最大100Mbps

先に言っておくと、マンション「VDSL方式」の通信速度は、最大100Mbpsです。

例え、公式サイトに「1Gbps」と書いている光回線と契約していたとしても、マンションがVDSL方式であれば、100Mbpsが上限となります。

これは、マンション内で各部屋に分配させるとき、光回線はなく、一般電話回線(メタルケーブル)が使われているためです。

VDSL方式の仕組み

出典:NTT西日本公式ホームページ

VDSL方式におすすめの無線LANルーター

では、VDSL方式の特徴を踏まえて、どの無線LANルーターを選べば良いか紹介していきます。

バッファロー製「WSR-300HP」

有線LAN 最大1Gbps(1000Mbps)
無線LAN 最大0.3Gbps(300Mbps)

基本的に無線LANルーターは、価格が上がるほど高性能にはなってきますが、通信速度が”最大100Mbps”なのに10倍以上の速度に対応する高価格帯モデルを購入しても意味がありません。

マンション「VDSL方式」であれば、こちらのバッファロー製「WSR-300HP」で十分です。

VDSL方式の通信速度上限100Mbpsに対して、最大300Mbpsまで対応しています。

普通にインターネットで調べ物をしたり、ネットショッピングをしたり、音楽を再生したり、動画を観たりする分には、全く問題がなくサクサク動いてくれます。

なお、無線LANルーターは、他にも様々なメーカー(エレコム、IOデータ、コレガ、ロジテックなど)が販売していますが、信頼性や設定のしやすさからバッファロー製をおすすめします。

バッファロー製「 WXR-1750DHP2」IPv6対応

有線LAN 最大1Gbps
無線LAN 最大1.3Gbps

インターネット光回線・プロバイダがIPv6に対応しているならバッファロー製「 WXR-1750DHP2」がオススメです。

次世代通信技術「IPv6」に対応させることで通信の混雑点を迂回でき、高速で快適なインターネットを実現できます。

その他、

  • ハンドステアリング(混雑していない周波数帯に自動で振り分ける機能)
  • ビームフォーミング機能(スマートフォン・タブレットなどの位置・距離を判別する技術)
  • アドバンスドQoS(動画、音声、ゲームなどの優先度を設定)

などにも対応しています。

次世代通信技術「IPv6」に対応しているインターネット光回線・プロバイダはこちらで紹介しています。

マンションの通信方式を調べる方法

マンションは、

  • 光配線方式
  • VDSL方式
  • LAN配線方式

のいずれかの通信方式が採用されています。

マンションで最大1Gbpsの通信速度でインターネットを利用したいのであれば、光回線方式を選択する必要があります。

通信速度 物理回線
光配線方式 下り:1Gbps
上り:1Gbps
光ファイバーのみ
VDSL方式 下り:100Mbps
上り:50Mbps
光ファイバーと電話回線
LAN配線方式 下り:100Mbps
上り:100Mbps
光ファイバーとLANケーブル

ここからは、マンションの通信方式を調べる方法を解説していきます。

NTTなどの回線事業者に連絡

一番確実なのは、NTTなどの回線事業者に直接電話で問い合わせることです。

フレッツ光や光コラボレーションモデル(OCN光、ソフトバンク光、ビッグローブ光など)を検討しているのであれば、NTT東日本・西日本に問い合わせましょう。

NTT東日本・西日本

  • 電話番号:0120-116116

※受付時間:午前9時~午後5時

なお、auひかり、NURO光、eo光、コミュファ光、BBIQ光などは、回線事業者が異なるため別の問い合わせ先となります。

電話で担当者に「自宅マンションに光回線を導入予定なので、配線方式を知りたい。」と伝えれば教えてもらえます。

NTT西日本 フレッツ光の申し込みページで判定する

NTT西日本のエリアでフレッツ光や光コラボレーションモデルを検討しているのであれば、公式サイトの申し込みページから配線方式を判定できます。

『NTT西日本 サービス提供エリア確認・お申し込み』のページに移動してから「かんたんお申し込み」をクリックします。

お住まいのタイプで「マンション(集合住宅)」を選択してから「郵便番号」「府県」「電話番号」などで導入予定のマンションを探します。

住所を選択すると建物一覧が表示されます。

お住まい・引っ越し予定の「マンション」を選択しましょう。

判定する住所が表示されるので「この住所で判定します」をクリックします。

判定結果が表示されました。

フレッツ光ネクスト マンションタイプ(VDSL方式)で通信速度は最大100Mbpsと明記されています。

マンション「VDSL方式」におすすめのインターネット光回線・プロバイダ

一口にマンション「VDSL方式」と言っても

  • プロバイダ
  • IPv6

などの条件によって通信速度は大きく変わってきます。

ここからは、マンション「VDSL方式」で少しでも快適にインターネットが楽しめるように通信速度の速いインターネット光回線・プロバイダを紹介していきます。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、大手通信キャリアであるソフトバンクが提供する光コラボレーションのインターネット光回線です。

フレッツ光を導入しているマンションで提供されています。

通信速度 最大1Gbps
月額料金
(1Gpbs)
戸建て:5,200円~
マンション:3,800円~
工事費 実質無料
キャッシュバック 最大156,000円
スマホセット割引 ソフトバンクのおうち割(1台あたり月額1,000円割引)

特徴

大きな特徴は、IPv6対応の”光BBユニット”を設置することで「IPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE+IPv4)」を利用できる点です。

ソフトバンク光が遅い?IPv6対応BBユニット+市販ルーターで爆速に

2018年10月4日

近年、通信量の増加により、「網終端装置」と呼ばれる装置が非常に混雑し、インターネットが遅くなる原因となってきます。

ソフトバンク光では、この混雑点を迂回することで、高速で快適なインターネットを実現。

株式会社ICT総研が調査した「主なFTTHサービス利用者の満足度(2017年度) 」でも、光コラボ事業者の中で最も顧客満足度が高くなっています。

キャッシュバック

ソフトバンク光は、代理店から申し込むことによって、他社を圧倒する高額キャッシュバックを受け取ることができます。

代理店の1つである「株式会社NEXT」では、ソフトバンク光公式特典に加えて、「32,000円」または「27,000円+高速無線ルーター」または「Nintendo Switch」のキャッシュバックを実施。

合計して、最大157,000円のキャッシュバックを受けられます。

キャッシュバック内容
ソフトバンク光公式特典1 24,000円の普通為替 または 月額基本料金1,000円×24ヶ月割引
ソフトバンク光公式特典2 フレッツ西日本から転用で5,000円分の商品券
ソフトバンク光公式特典3 他社違約金・撤去費用を全額負担
(最大100,000円まで)
ソフトバンク光公式特典4 ソフトバンク光が開通するまでの期間、WiFiルーターまたはソフトバンクAirの無料レンタルができる
ソフトバンク光公式特典5 ソフトバンク光に契約して「おうち割 光セット」を初めて加入すると、他社携帯の契約金解除料相当額(最大10,260円)を毎月割引
株式会社NEXT限定特典 33,000円 または 28,000円+高速無線ルーター または Nintendo Switch
(最短2ヶ月後に現金振込)

よくありがちな”オプション加入”の条件もなく、手続きも簡単。キャッシュバックは、最短2ヶ月後に現金振込されます。

ドコモ光

ドコモ光は、大手通信キャリアであるNTTドコモが提供する光コラボレーションのインターネット光回線です。

フレッツ光を導入しているマンションで提供されています。

通信速度 最大1Gbps
月額料金
(1Gpbs)
戸建て:5,200円~
マンション:4,000円~
工事費 15,000円
※新規または現在フレッツ光なら無料
キャッシュバック 最大30,000円 + 無線LANルーターレンタル
スマホセット割引 ソフトバンクのおうち割(1台あたり月額1,000円割引)

特徴

ドコモ光は、ソフトバンク光と同じく、通信の混雑点を迂回できる”IPoE方式”のインターネット接続に対応。

ドコモ光はIPv6(v6プラス)で通信速度が高速化!仕組みを解説

2019年3月11日

次世代通信技術「v6プラス」でインターネット接続をすることにより通信速度が大幅に向上する可能性があります。

キャッシュバック

ドコモ光を申し込むならドコモ光のプロバイダの一つである「GMOとくとくBB」がオススメです。

メリットは、

  • オプションありなら”キャッシュバックが業界最高峰”
  • 通信速度の口コミ・評判が良い
  • 無料レンタルできる”無線LANルーターの性能が高い”

の3つです。

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」は、唯一、通信速度(実測値)を公表しており、口コミ・評判も他と比べて良い傾向があります。

関連記事:【通信速度】ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」の口コミ評判と実測

契約期間中に無料レンタルできる「無線LANルーター」は、通信速度最大1.3GbpsでIPv6(v6プラス)にも対応しています。

キャッシュバック内容
ドコモ公式特典1 新規契約で基本工事費が無料
ドコモ公式特典1 ・dポイント 10,000pt(新規)
・dポイント 5,000pt(転用・事業者変更)
GMOとくとくBB限定特典1 ・20,000円(ひかりTV + DAZN)
・18,000円(ひかりTV)
・15,000円(DAZN または スカパー!)
・10,000円(dTV または dアニメストア)
・5,500円(オプションなし)
GMOとくとくBB限定特典2 無線LANルーター(v6プラス対応)の無料レンタル
GMOとくとくBB限定特典3 ドコモ光専用無料訪問サポートが初回のみ無料
GMOとくとくBB限定特典4 セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)が12ヶ月間無料

VDSL方式についてのよくある質問

一般的に築年数が古かったり、都市部から離れたマンションは「VDSL方式」が採用されているケースが多いです。

そのため、

  • 家賃の都合上、VDSL方式のマンションしか選択肢がない

というケースもあるでしょう。

そんな方のためにマンション「VDSL方式」についてのよくある質問をまとめてみました。

Q. VDSL方式のマンションに光配線方式を導入することはできますか?

先に結論を言ってしまうと、マンションを「VDSL方式」から「光配線方式」に変更することは非常に難しいです。

なぜなら、

  • 光配線方式に変更するのに共用設備の修繕や増築が必要になるケースが多いから

です。

マンションのオーナーさんや管理会社によっては「インターネットの通信速度が遅いので光配線方式に変更してほしい」と打診すれば、動いてくれるかもしれません。

しかし、実際に光配線方式の導入に数百万の費用がかかると判明すれば話は別です。

それだけの工事費用を負担して

「入居率の改善するのか」

「家賃の値上げができるのか」

がシビアに考えられて結論が出されることになります。

残念ながら賃貸物件ポータルサイトのスーモやホームズの物件検索で「光配線方式」の選択項目がないことからも分かる通り、世間一般ではそこまで「VDSL方式」や「光配線方式」には、強いこだわりがありません。

あなたがいくら訴えかけたところで実際に数百万の費用を負担するのはオーナーさんであり、光配線方式の導入効果も未知数なところから断られる可能性が高いです。

Q. VDSL方式で採用されている一般電話回線(メタルケーブル)って何ですか?

一般電話回線(メタルケーブル)とは、電話線やインターネット「ADSL」でも利用されていた芯線に銅線などの”金属材料”を用いたケーブルです。

折り曲げに強く丈夫で扱いやすいことから長らく通信ケーブルの主役として広く使われていました。

しかし、

  • 長距離になればなるほど通信速度が低下する

というデメリットがあり、長距離でも高速通信ができる”光ファイバー”が登場してからは徐々にインターネットの通信では使われなくなりました。

Q. VDSLとADSLの違いは何ですか?

VDSLとADSLは、どちらも一般電話回線(メタルケーブル)が利用されていることから同じに思うかもしれません。

先ほど解説したとおり、一般電話回線(メタルケーブル)のデメリットは、通信距離が長くなると極端に速度が落ちることです。

VDSL方式では、

  • 基地局からマンションまでを”光ファイバー”
  • マンションから部屋までを”一般電話回線”

で繋いでいます。

マンション内のみ一般電話回線を利用しているため、通信距離が長くなることはなく、比較的高速の通信が可能となっています。

ADSLでは、

  • 基地局から自宅までを”一般電話回線”

で繋いでるため、利用場所によっては通信距離が長くなり速度が極端に遅くなるケースがあります。

つまり、VDSLとADSLは似ているようで大きな違いがあり、VDSLは一昔前のインターネット光回線と同等の通信が可能です。

VDSLとADSLの通信速度の目安としては、次のとおりです。

下り 上り
VDSL 最大100Mbps 最大40Mbps
ADSL 最大50Mbps 最大5Mbps

通信速度の下りとは、インターネットの調べ物をしたり、FacebookやTwitterの投稿を見たり、動画を視聴したり、動画や音楽をダウンロードするときの通信です。

一方、通信速度の上りとは、FacebookやTwitterに動画や写真を投稿したりするときの通信となります。

通信速度の比較をしても分かるとおり、VDSL方式は、ADSLと比べると高速な通信速度となっていますね。

Q. VDSL方式で動画を視聴できますか?

VDSL方式は、そこまで遅い通信方式ではありません。

今でこそインターネットの通信速度は1Gbpsが当たり前のようになってきましたが、数年前は「通信速度100Mbpsでかなり速い」と言われていました。

実際にそれぞれの使い方で必要な通信速度の目安を見てみましょう。

メール、LINE 0.2~1Mbps
Webサイト閲覧 1~2Mbps
Webサイト閲覧(画像が多い) 3~5Mbps
動画の視聴(HD画質) 5Mbps
動画の視聴(4K画質) 25Mbps
オンラインゲーム 10~50Mbps

上記の表を見れば分かるとおり、普通にインターネットで調べ物やネットショッピングをする程度であれば、通信速度は1~2Mbps程度で十分です。

You TubeやHulu、Netflix、プライム・ビデオなどの動画視聴でも5Mbps以上あれば、快適に視聴できます。

大容量のファイルをダウンロードするのでなければ、インターネットの通信速度は100Mbpsあれば十分です。

もちろん、マンションのインターネットの利用者数が増えれば、通信速度が遅くなる可能性もあります。

しかしながら、マンションがVDSL方式だからといってYahooのトップページの表示に数秒間の時間が要するほど極端に遅いというわけではありません。

実際にマンション「VDSL方式」を利用した感想

僕自身、インターネット光回線・プロバイダはそのままに「光回線方式(通信速度最大1Gbps)」から「VDSL方式(通信速度最大100Mbps)」のマンションに引っ越した経験があります。

自宅でパソコンを使って長時間ブログの更新作業をしていますが、VDSL方式になって通信速度が遅くなったと感じたことはありません。

唯一、インターネットの通信速度が遅くなったと感じたことが、Huluの動画を視聴していたときです。

1週間に1回あるかどうかですが、Wi-Fiで動画を視聴しているときに動画の画質が数十秒間だけ悪くなるときがありました。

You Tubeやプライム・ビデオ、Netflixに関しては、全く問題がないので動画配信サービス側の問題かもしれませんが、光回線方式ではなかった現象です。

ただ、総論としては、光回線方式にこだわってまで物件の選択肢を狭める必要はないと感じました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です