【ソフトバンク光】ホワイト光電話とBBフォンの違い(比較)

ホワイト光電話BBフォンは、どちらもソフトバンク光で提供されている固定電話サービスです。

どちらも家庭用の電話機で使うことができますが、電話番号、基本料金、オプションなど、細かく見ていくと違う箇所が多くあります。

この記事では、ホワイト光電話とBBフォンの違いを分かりやすくまとめてみました。

ソフトバンク光を契約して固定電話も利用したいけど、ホワイト光電話にするか、BBフォンにするか、迷っている方は、是非参考にしてください。

ホワイト光電話とBBフォンの比較表

まずは、比較表を見てみましょう。

ホワイト光電話 BBフォン
提供元 ソフトバンク ソフトバンク
種類 IP電話 IP電話
電話番号 市外局番(0ABJ番号)
(例:03-xxxx-xxxx)
050番号(0A0番号)
(例:050-xxxx-xxxx)
番号ポータビリティ NTTで発番した番号 できない
基本料金 ・基本プラン:467円
・基本プランα:943円
・だれとでも定額:1,410円
0円
※光BBユニットのレンタル料月467円(税込504円)が必ずかかってきます。
通話料金 ・ホワイト光電話、BBフォンなど:無料
・国内一般電話:7.99円/3分
・携帯電話:16円/1分
・ソフトバンク携帯電話:無料
ホワイト光電話、BBフォンなど:無料
国内一般電話:7.99円/3分
携帯電話:20~25円/1分
ソフトバンク携帯電話:無料
無料オプション ・ホワイトコール24 ・ホワイトコール24
・通話相手先への番号通知
・相手先電話番号の下4桁表示
有料オプション ・番号表示サービス
・番号通知リクエストサービス
・キャッチ電話サービス
・着信転送サービス
・着信お断りサービス
・ケータイ割30
・番号表示サービス
・転送電話サービス

上の比較表を見ると

  • 電話番号
  • 番号ポータビリティ
  • 基本料金
  • オプション

が大きく違うことが分かります。

一つ一つ詳しく説明していきましょう。

電話番号

それぞれのメリットをまとめると次のとおりです。

ホワイト光電話 BBフォン
電話番号 市外局番(0ABJ番号)
(例:03-xxxx-xxxx)
050番号(0A0番号)
(例:050-xxxx-xxxx)
メリット ・緊急通報(110番、119番、118番)を利用できる ・引っ越し先でもソフトバンク光を利用する場合は、電話番号を引き継げる
若干の違いはあるものの、

番号ポータビリティ

ホワイト光電話を選択する大きな理由が番号ポータビリティ(MNP)です。

今、NTT東日本・西日本のアナログ電話回線(電話加入権あり)で発番された電話番号を利用しているなら、ホワイト光電話を選択することで同じ電話番号を継続して使うことができます。

ただし、ホワイト光電話に電話番号を引き継ぐ場合は、

  • 工事費:1,000円
  • 番号ポータビリティ工事費:2,000円
  • NTTの回線休止工事費:2,000円

合計5,000円がかかってきます。

「どうしても同じ電話番号を引き継ぎたい!」という訳ではないのなら、新しい電話番号を発番するのも良いでしょう。

基本料金

ホワイト光電話とBBフォンでは、基本料金も大きく異なってきます。

ホワイト光電話

プラン 月額料金 特徴
基本プラン 467円
基本プランα 943円 ・5つのオプション付き
だれとでも定額 1,410円 ・5つのオプション付き
・誰でも1回10分以内、月500回まで国内通話料が0円

※5つのオプションは「番号表示サービス」「番号通知リクエストサービス」「キャッチ電話サービス」「着信転送サービス」「着信お断りサービス」となります。

だれとでも定額は、ホワイト光電話にしかないプランです。

通話をする回数が多い方は、ホワイト光電話の「だれとでも定額」を選んだほうが良いでしょう。

BBフォン

月額料金 0円
※光BBユニットのレンタル料月467円(税込504円)が必ずかかってきます。

月額料金がゼロですが、BBフォンを利用するためには光BBユニットという機器を必ずレンタルしなければなりません。

ただ、光BBユニットには、インターネットの通信速度を爆速化させるメリットもあり、ソフトバンク光を快適に使うなら絶対にレンタルしておきたい機器です。

関連記事:ソフトバンク光が遅い?IPv6対応BBユニット+市販ルーターで爆速に

オプション

ホワイト光電話とBBフォンでは、提供されているオプションも若干変わってきます。

共通オプション

ホワイト光電話 BBフォン 特徴
番号表示サービス(400円) 番号表示サービス(300円) 相手先の電話番号がナンバーディスプレイでわかります。
着信転送サービス(500円) 転送電話サービス(300円) かかってきた電話を、あらかじめ設定しておいた電話番号へ転送します。
どちらもホワイトコール24を無料で申し込むことが可能です。

ホワイトコール24とは

  • ホワイト光電話 → ソフトバンク携帯電話
  • ソフトバンク携帯電話(家族10回線まで) → ホワイト光電話

の国内通話が24時間無料になるサービスです。

ホワイト光電話だけのオプション

ホワイト光電話 特徴
番号通知リクエストサービス(200円) 番号非通知の相手に自動音声で対応します。
キャッチ電話サービス(300円) 通話中にかかってきた電話を受けられます。
着信お断りサービス(200円) 迷惑電話を受信拒否できます。
ホワイト光電話では、”基本プランα(月額943円)”または”だれとでも定額(月額1,410円)”に加入することで

  1. 番号表示サービス
  2. 番号通知リクエストサービス
  3. キャッチ電話サービス
  4. 着信転送サービス
  5. 着信お断りサービス

を利用できます。

BBフォンだけのオプション

ホワイト光電話 特徴
通話相手先への番号通知(0円) 相手先に自分の「050」から始まる電話番号が通知されます。
相手先電話番号の下4桁表示(0円) 通話料金明細(Webおよび郵送)に表示される相手先電話番号の下4桁を表示・非表示に指定できます。
ケータイ割30(300円) BBフォンから携帯電話への通話料金が30%割引されます。
BBフォンでは、BBフォンオプションパック(月額500円)を適用することで

  1. ケータイ割30
  2. 番号表示サービス
  3. 転送電話サービス

を利用できます。

最後に

ホワイト光電話は、

  • 市外局番を使いたい
  • NTTで発番した電話番号をそのまま使いたい
  • 通話する回数が多い

という方に向いています。

上記に当てはまらないのであれば、BBフォンを使うという選択肢もありでしょう。

高額キャッシュバック!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

株式会社NEXT

最大154,000円の高額キャッシュバック実施中!

ソフトバンク光を契約するなら、こちらがダントツでおすすめ。公式と比べて、”最大35,000円”もお得!大人気ゲーム機「Nintendo Switch」を選ぶことも可能です。申し込み時にキャッシュバック申請が完了!還元率100%でもらい忘れがなく、口コミ評判も上々です。

ソフトバンク光は、どこの窓口で申し込んでも「品質」「月額料金」「初期費用」などは変わらないので、キャッシュバック額が高く、安心・確実にもらえる代理店から申し込むのをおすすめします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です