【ソフトバンク光】ホワイト光電話と光電話(N)の違い(比較)

ホワイト光電話光電話(N)は、どちらもソフトバンク光で提供されている固定電話サービスです。

どちらも家庭用の電話機で使うことができ、電話番号も市外局番ですが、提供元、電話番号、基本料金、オプションなど、細かく見ていくと違う箇所が多くあります。

この記事では、ホワイト光電話と光電話(N)の違いを分かりやすくまとめてみました。

ソフトバンク光を契約して固定電話も利用したいけど、ホワイト光電話にするか、光電話(N)にするか、迷っている方は、是非参考にしてください。

ホワイト光電話と光電話(N)の比較表

まずは、比較表を見てみましょう。

ホワイト光電話 光電話(N)
提供元 ソフトバンク NTT東日本・西日本
種類 IP電話 IP電話
電話番号 市外局番(0ABJ番号)
(例:03-xxxx-xxxx)
市外局番(0ABJ番号)
(例:03-xxxx-xxxx)
番号ポータビリティ ・NTTで発番した番号 ・NTTで発番した番号
・フレッツ光が発番した番号
基本料金 ・基本プラン:467円
・基本プランα:943円
・だれとでも定額:1,410円
・基本プラン:500円
・スマート基本プラン:1,500円
通話料金 ・ホワイト光電話、BBフォンなど:無料
・国内一般電話:7.99円/3分
・携帯電話:16円/1分
・ソフトバンク携帯電話:無料
・国内一般電話:8円/3分
・携帯電話:16~18円/1分
無料オプション ・ホワイトコール24
有料オプション ・番号表示サービス
・番号通知リクエストサービス
・キャッチ電話サービス
・着信転送サービス
・着信お断りサービス
・番号表示
・番号通知リクエスト
・キャッチ電話
・多機能転送
・着信お断り
・着信お知らせメール

上の比較表を見ると

  • 提供元
  • 番号ポータビリティ
  • 基本料金
  • 通話料金

が大きく違うことが分かります。

一つ一つ詳しく説明していきましょう。

提供元

一番大きな違いは、固定電話サービスを提供している会社です。

ホワイト光電話 光電話(N)
提供元 ソフトバンク NTT東日本・西日本
この提供元の違いは、次で紹介する「番号ポータビリティ(MNP)」で大きく関わってきます。

ちなみに光電話(N)の”N”とは、NTTのことを示しています。

番号ポータビリティ

番号ポータビリティ(MNP)とは、電話番号そのままで他の通信会社(ソフトバンク光など)に乗り換えるサービスのことを言います。

現在、利用している固定電話サービスによって、番号ポータビリティの可否が異なってきます。

ホワイト光電話 光電話(N)
番号ポータビリティ ・NTTで発番した番号 ・NTTで発番した番号
・フレッツ光が発番した番号
ホワイト光電話では、NTT東日本・西日本のアナログ電話回線(電話加入権あり)で発番された電話番号のみ番号ポータビリティが可能です。

一方、光電話(N)では、フレッツ光で発番した番号でも番号ポータビリティにより同じ電話番号を引き継いで使うことが可能です。

基本料金

ホワイト光電話と光電話(N)では、提供元が違うことから基本料金も異なってきます。

ホワイト光電話

プラン 月額料金 特徴
基本プラン 467円
基本プランα 943円 ・5つのオプション付き
だれとでも定額 1,410円 ・5つのオプション付き
・誰でも1回10分以内、月500回まで国内通話料が0円

※5つのオプションは「番号表示サービス」「番号通知リクエストサービス」「キャッチ電話サービス」「着信転送サービス」「着信お断りサービス」となります。

光電話(N)

プラン 月額料金 特徴
基本プラン 500円
スマート基本プラン 1,500円 ・6つのオプション付き
・最大3時間(480円分)の無料通話付き

※6つのオプションは「番号表示」「番号通知リクエスト」「キャッチ電話」「多機能転送」「着信お断り」「着信お知らせメール」となります。

ホワイト光電話の方が基本料金が安いですね。

通話料金

ホワイト光電話では、ソフトバンクが提供するサービスかけるときに通話料が無料になります。

ホワイト光電話 光電話(N)
通話料金 ・ホワイト光電話、BBフォン同士:無料
・国内一般電話:7.99円/3分
・携帯電話:16円/1分
・ソフトバンク携帯電話:無料
・国内一般電話:8円/3分
・携帯電話:16~18円/1分
BBフォンやBBフォン以外にも「おうちのでんわ」「BBフォン(M)」「BBフォン光」「ケーブルライン」「ひかりdeトークS」が24時間無料通話の対象になります。

ソフトバンク携帯電話の無料について

ホワイト光電話では、ホワイトコール24に無料申し込みすることで

  • ホワイト光電話 → ソフトバンク携帯電話
  • ソフトバンク携帯電話(家族10回線まで) → ホワイト光電話

の国内通話が24時間無料になります。

ホワイトコール24では、家族の携帯電話番号を10回線まで登録することで「ソフトバンク携帯電話」→「ホワイト光電話」の通話料が24時間無料になります。

なお、ホワイト光電話からソフトバンク携帯電話にかける場合は、家族関係なく無料で通話可能です。

最後に

ソフトバンク光の固定電話を利用するのであれば、ホワイト光電話の方が「基本料金」「通話料金」ともに絶対にお得です。

ただし、

「現在、フレッツ光の”ひかり電話”を利用しているが、ソフトバンク光でも同じ電話番号を使いたい。」

といった場合には、光電話(N)を選択しなければなりません。

高額キャッシュバック!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

株式会社NEXT

最大154,000円の高額キャッシュバック実施中!

ソフトバンク光を契約するなら、こちらがダントツでおすすめ。公式と比べて、”最大35,000円”もお得!大人気ゲーム機「Nintendo Switch」を選ぶことも可能です。申し込み時にキャッシュバック申請が完了!還元率100%でもらい忘れがなく、口コミ評判も上々です。

ソフトバンク光は、どこの窓口で申し込んでも「品質」「月額料金」「初期費用」などは変わらないので、キャッシュバック額が高く、安心・確実にもらえる代理店から申し込むのをおすすめします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です