高額請求も?NURO光 for マンションを使う際の注意点・危険性

世界最速インターネット光回線「NURO 光

NURO光には、大きく分けて

  • 戸建て向け
  • マンション向け

の契約プランがあり、内容が異なってきます。

この記事では、NURO光のマンション向けの契約プランである「NURO光 for マンション」を使う際に知っておきたい注意点・危険性をまとめていきます。

NURO光 for マンションを導入する条件・月額料金

NURO光 for マンションは、通常のNURO光の契約プランとは、全く違う料金体系や仕組みが存在します。

これから紹介することは、大きなリスクにも繋がる可能性があるので、契約前に知っておきたいところです。

4人集まるまで使えない

NURO光 for マンションを使うには、同じマンションに4人以上の加入者がいなければなりません。

NURO光のページには、

今だけおひとり様でも導入工事に向けて進めます!

と記載されていますが、あくまでも、オーナーへの交渉、工事の調査、住民への導入促進などを行うだけです。

実際にNURO光を利用できるのは4人集まったときです。(1人では利用できません!)

だから、NURO光にエントリーしても、ずーーーーーっと待たされる可能性があります。

もし、どうしても世界最速インターネット光回線「NURO 光」を利用したいのであれば、ご自身で「NURO光を一緒に使いませんか?」と同じ集合住宅の住民に営業活動をする必要があります。

月額料金が変動する

NURO光 for マンションは、4人以上から利用でき、その後は、利用者数によって月額料金が変わってきます。

NURO光 for マンションの月額料金
利用者数 Hands-up会費 基本料金 月額合計
6人以下 990円 1,760円 2,750円
7人 880円 1,760円 2,640円
8人 770円 1,760円 2,530円
9人 660円 1,760円 2,420円
10人以上 330円 1,760円 2,090円

NURO光 for マンションは、基本料金は変動しませんが、「Hands-up会費(工事費・設備維持管理費を支払うための任意団体)」は利用者数によって毎月変動します。

例えば、先月まで11人の利用者数がいたけど、引っ越しで4人になってしまった。

そんなときは、月額料金が2,090円 → 2,750円に値上がりします。

この仕組を知っていないと、「最初、すごく安いと思って加入したけど、気がついたら値上がりしていた・・・。」という事態になってしまいます。

通常、集合住宅にインターネット光回線を導入する場合、工事費や維持管理費用はオーナーが負担します。

しかし、NURO光 for マンションでは、Hands-upという団体を経由して契約者が均等に負担する仕組です。

そのため、契約者が増えれば増えるほど、1人あたり負担が少なくなり、月額費用に反映されます。

NURO光 for マンションは3人以下になったら強制終了

NURO光 for マンションを使う上で一番怖いケースが利用者数が3人以下になったら強制終了することです。

これにより、

  • 電話番号が使えなくなる
  • 違約金を請求される
  • 宅内工事費の残債を請求される
  • 設備導入工事費の残債を請求される
  • おうち割 光セットの適用がなくなる

という事態が発生する可能性があります。

利用者数が3人以下になったとき、一定期間経過後に「契約解除になる通知」が届き、3ヶ月後にサービスが終了します。

電話番号が使えなくなる

「NURO光 でんわ」で新規発番していた場合、その電話番号は使えなくなっていまいます。

※番号ポータビリティーにより、電話番号を「NURO光 でんわ」に引き継いで使っていた場合は、他事業者(NTT/KDDI など)に引き継ぐことができます。

違約金が請求される

NURO光 for マンションでは、2年間の最低利用期間が設定されています。

25ヶ月目、49ヶ月目、73ヶ月目が違約金が発生しない月となります。

NURO光の月別の違約金
利用期間 違約金
1ヶ月目
(開通翌月)
9,500円
24ヶ月目 9,500円
25ヶ月目
(契約更新月)
0円
26ヶ月目 9,500円
48ヶ月目 9,500円
49ヶ月目
(契約更新月)
0円

例えば、2017年1月13日に契約をした場合、

  • 2019年2月(25ヶ月目)
  • 2021年2月(49ヶ月目)
  • 2023年2月(73ヶ月目)

に解約しないと、9,500円の違約金がかかってきます。

NURO光の違約金は10450円、解約金を0円で済ます方法

宅内工事費の残債を請求される

NURO光を部屋で使えるようにする宅内工事費(40,000円 ÷ 36回払い)の残債は、支払わなければなりません。

NURO光の宅内工事費は、毎月の分割金の相当額が割引されるキャンペーンにより実質無料です。

しかし、NURO光が強制解約になると分割金の相当額の割引がなくなり、残債を支払う義務が発生してしまいます。

このことは、NURO光の公式ホームページにも記載されています。

宅内工事費40,000円を36ヶ月分割でお支払いいただきます。分割払期間中にご解約される場合は、工事費の残債額を一括でご請求させていただきます。

出典:NURO光

設備導入工事費の残債を請求される

NURO光を集合住宅に導入するために契約者が均等に負担していた設備導入工事費(60,000円 ÷ 24回払い)の残債は、強制解約時の契約者が全員で負担することになります。

例えば、利用者数が3人になり、設備導入工事費の残債が39,000円あった場合、1人あたり13,000円(= 39,000円 ÷ 3人)を支払わなければなりません。

NURO光の導入期間が短い場合は「宅内工事費の残債」と「設備導入工事費の残債」がダブルで請求されてしまう可能性があります。

おうち割 光セットの適用がなくなる

NURO光 for マンションに加入していると、ソフトバンク契約のスマートフォン・携帯の月額料金が1台あたり最大1,000円割引される「おうち割 光セット」が適用できます。

家族全員が適用でき、

  • 1人なら、月額1,000円、年間12,000円
  • 2人なら、月額2,000円、年間24,000円
  • 3人なら、月額3,000円、年間36,000円

もお得になります。

しかし、NURO光 for マンションのサービス終了すると、この割引がなくなってしまいます。

NURO光 for マンションが強制終了してからも、おうち割を適用させ続けたいなら、ソフトバンク光がおすすめです。

高額キャッシュバックもあります。ソフトバンク光のキャンペーン・キャッシュバック比較!公式・代理店おすすめは?

最後に

NURO光は、世界最速をうたうだけあって、通信速度面に関して評価が高いです。

NURO光の口コミ評判と実測、通信速度2Gbpsの実力とは?

しかしながら、NURO光を「NURO光 for マンション」で利用する場合は、この記事で挙げたとおり”強制終了のリスク”もあります。

強制終了のリスクを回避したいのであれば、NURO光の契約者数が4人のときは契約しないようにしましょう。

知っているのと知らないのでは大きな違い。しっかりとリスクを認識した上で契約することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

家電量販店での光回線販売員時代に感じた「インターネット光回線のプランは複雑すぎる。」を解消するために、当ブログを立ち上げました。ファイナンシャルプランニング技能士(FP)の知識も活かして家庭の通信費を削減・節約できる情報を分かりやすく解説します。