NURO光の工事をキャンセルしたい!解約金などの料金はかかってくる?

NURO光を申し込んだけど、

  • 家族に反対された。
  • 工事の事前連絡がなかなか来ない。
  • 他に魅力的なキャッシュバックキャンペーンを見つけた。

といった理由でキャンセルをしたい方は多いのではないでしょうか?

この記事では、NURO光の工事をキャンセルする際の注意点についてまとめています。

NURO光は屋外工事の2日前までキャンセルできる

先に言っておくと、NURO光は屋外工事の2日前までキャンセルが可能です。

NURO光公式サイトにも次のように記載されています。

屋外工事予定日の前日以降はお申し込みキャンセルは承れない場合がございます。

出典:NURO光「NURO 光 注意事項」

屋外工事予定日の「前日以降」はキャンセルできません。

逆に言えば、屋外工事予定日の2日前までならキャンセルできるということです。

例えば、屋外工事予定日が4月10日であれば、4月8日まではキャンセルに応じてもらえます。

NURO光のキャンセル時期ごと発生費用まとめ

NURO光のキャンセル料は、工事の進捗状況によって異なってきます。

次は、NURO光の開通工事の流れです。

1、申し込み

↓ 約10日

2、工事費調整の連絡

↓ 約10日

3、宅内工事(作業時間:1~2時間)

↓ 約10日

4、屋外工事(作業時間:1~2時間)

NURO光では、他の光回線と違って「屋内工事」「屋外工事」の2回を行うことになっています。

工事の予定日や進捗情報は、NURO光のマイページから確認することも可能です。

キャンセル時期ごとの発生費用は、次のとおりです。

宅内工事の前にキャンセル

最初の宅内工事前であれば、問題なくスムーズにキャンセル手続きができます。

もちろん、キャンセル料はかかりません。

僕が家電量販店でインターネット光回線の販売員をしていたときも、工事前のキャンセルは普通によくあることでした。

宅内工事(1回目の工事)の後にキャンセル

NURO光の1回目の工事である「宅内工事」が完了した後にキャンセルすることも可能です。

キャンセルの連絡から4日目以降に業者が「ONU(終端装置)」の回収に来てくれるので、梱包して渡しましょう。

基本的にはキャンセル料はかかりません。

ただし、光コンセントやケーブルの撤去を希望した場合は、撤去工事費10,000円がかかります。

宅内工事で設置した設備は、そのまま残しておいても問題はありません。

しかし、集合住宅や借家で原状復帰が必要な場合は、撤去費用がかかってくるので注意しましょう。

屋外工事(2回目の工事)の前日以降にキャンセル

原則、NURO光の2回目の工事である「屋外工事」の前日以降は、キャンセルではなく「解約」扱いとなってしまいます。

NURO光を解約した場合は、

  • 工事費:40,000円
  • 違約金:9,500円

が請求される可能性があるので注意しましょう。

NURO光の違約金は9500円、解約金を0円で済ます方法

2018年3月6日

NURO光側の都合で工事がキャンセルされた場合

NURO光側で「工事ができない」と判断されてキャンセルされるケースもあります。

主な理由としては、

  • 光ファイバーを引き込む配管がない
  • 電柱が地中化している
  • 他人や国道を通る必要があるが許可が取れなかった

などがあります。

もちろん、NURO光側の都合なのでキャンセル料はかかりません。

ただし、宅内工事でビス止めの穴を開けて、原状復帰を希望する場合は、撤去工事費10,000円がかかってくる可能性があります。

(ネット上の情報を見ると、交渉により撤去工事費がゼロになったケースもあるようです。)

ネットの口コミを見てみると、NURO光側の都合でキャンセルされたケースが多いようです。

NURO光のキャンセル手続き

NUROサポートデスクで「工事のキャンセルをしたい」と伝えればOKです。

NUROサポートデスク

  • 電話番号:0120-65-3810

※受付時間9:00~18:00(1月1日、2日および指定のメンテナンス日を除く)

NUROサポートデスクは、キャンセル以外の問い合わせも受け付けていることから繋がりにくいこともあります。

電話で長時間待たされるのが嫌であれば”平日の日中”を狙うといいでしょう。

代理店経由で申し込んだ場合

代理店を経由して申し込んでいる場合は、はじめに代理店にキャンセルの連絡を入れてください。

その際、代理店の独自オプションを申し込んでいる場合は、一緒にキャンセルをしましょう。

最後にNUROサポートデスクに連絡をして「キャンセル手続きが完了しているか?」を確認することをおすすめします。

NURO光のキャンセルについてのよくある質問

NURO光のキャンセルについてのよくある質問をまとめてみました。

Q. NURO光は再申し込みできるの?

一度、NURO光をキャンセルしても、再申し込みすることは可能です。

NURO光は開通日をもって契約が成立します。

そのため、再申し込みであっても、NURO光で実施されている高額キャッシュバックを受け取ることはできます。

NURO光のキャンペーン・キャッシュバック比較!公式・代理店おすすめは?

2018年2月13日

Q. NURO光はクーリングオフの対象となるの?

NURO光を含めてインターネット光回線の契約は、クーリングオフの対象外となります。

その代わりに電気通信事業法で定められる

  • 初期契約解除制度

を適用することができます。

初期契約解除制度は、クーリングオフと同等の効力を持ちます。

仮に自分の意志で契約した場合であっても契約書面が届いてから”8日以内”であれば、利用者都合で解約・キャンセルすることができます。

ただし、利用者にも一定の費用負担が求められるので注意が必要です。

初期契約解除制度
違約金 支払い不要
事務手数料 自己負担
工事費用
(実施済みの場合)
自己負担
月額料金
(日割り)
自己負担
端末の返送料 自己負担

※電気通信事業法では、確認措置で解約する方法もありますが、こちらは”モバイル回線”向けとなります。

NURO光を「初期契約解除制度」で解約したい場合は、必ずその旨を伝えましょう。

「初期契約解除制度を利用してキャンセルをしたい」ということを伝えなければ、通常の解約扱いとなり、違約金が請求される可能性があります。

まとめ

NURO光のキャンセルをした場合、タイミングによって発生する費用は、次のとおりです。

NURO光をキャンセルしたいのであれば、屋外工事の2日前までに必ず連絡をしましょう。

屋外工事を実施した後だと、高額な解約金40,000円~が発生する可能性があるので、早めに行動をすることをおすすめします。

また、1回目の屋内工事が終わった後であれば、問題なくキャンセルできるケースが多いので、安心してください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です