NURO光の工事は2回必要!宅内・屋外同時で1回にする方法

インターネット光回線を契約すると必要になってくるのが、開通工事です。

具体的には、

  • 電柱から自宅に光回線を宅内に引き込む工事

を行うことになります。

通常、光回線の開通工事は1回で完了するのですが、NURO光では開通工事を2回に分けて合計2日間で行います。

なぜ、NURO光では開通工事が2回必要になるのでしょうか?解説していきます。

NURO光の開通工事は2回必要

冒頭でお伝えしたとおり、NURO光では、開通工事を2回に分けて行います。

その理由は、

  • 宅内工事(So-net)
  • 屋外工事(NTT)

2社で開通工事を実施するためです。

フレッツ光や光コラボでは、NTTの工事業者1社だけで「宅内工事」と「屋外工事」を行うため、1回で開通工事が済みます。

一方、NURO光では工事業者2社が別々の日に開通工事をします。

2社で開通工事を実施する理由

NURO光が2社で開通工事を実施する理由は、インターネットの高速通信を実現するために他社とは違う独自技術を採用しているためです。

具体的には、

  • 国際標準規格の光ファイバー伝送技術「GPON(ジーポン)」

を採用しています。

この技術は、NTTのフレッツ光や光コラボでは提供されていません。

そのため、So-net側で宅内でGPONに対応した設備や機器の整備をしなければならず、開通工事も「So-net」と「NTT」の2社で行う必要があるのです。

NURO光とフレッツ光の技術の違い
NURO光 フレッツ光
(光コラボ)
光ファイバー伝送技術 GPON GEPON
開発コスト 高い 安い
最大通信速度 2.48Gbps 1.25Gbps

NURO光の申し込みから開通までの流れ

NURO光の申し込み~開通までの流れは、次のようになります。

1、申し込み

↓ 約10日

2、工事費調整の連絡

↓ 約10日

3、宅内工事(作業時間:1~2時間)← 立ち会いが必要

↓ 約10日

4、屋外工事(作業時間:1~2時間)← 立ち会いが必要

NURO光の開通までは1ヶ月程度かかります。

工事が混み合っている場合は、2ヶ月以上かかることもあるので注意が必要です。

「インターネットが使えない期間があるのは、とても困る。」という方には、NURO光が実施する開通前のポケットWi-Fiレンタルサービスも用意されています。

関連記事:NURO光でポケットwifiレンタル!開通まで貸出可能

戸建て住宅の開通工事

出典:NURO光

宅内工事(So-net)

So-netによる戸建て住宅の宅内工事は、

  1. 光キャビネットの取り付け
  2. 宅内に光ファイバーを引き込み
  3. 光コンセントの取り付け
  4. 光コードの配線とONU設置

という流れで行われます。

1、光キャビネットの取り付け

まずは、外壁に光ファイバーの分岐点である「光キャビネット」を取り付けます。

基本は最低3ヶ所の「ビス留め」をしますが、工事担当者への申し出することで「両面テープ」で施工することも可能です。

出典:NURO光

2、宅内に光ファイバーを引き込み

光キャビネットから宅内に光ファイバーを引き込みます。

引き込み方法は「エアコンダクト」「電話線などの既存配管」「新規穴開け」のいずれかとなります。

出典:NURO光

3、光コンセントの取り付け

引き込んだ光ファイバーに差込口である「光コンセント」を取り付けます。

これにより「光ファイバー」と「ONU(終端装置)」を光ケーブルで接続できるようになります。

光ファイバーの引き込み方法によって「光アウトレット」「光ローゼット」のいずれかの方法で取り付けられます。

出典:NURO光

4、光コードの配線とONU設置

ONU(終端装置)を設置して「光コード」で配線作業をすれば宅内工事は完了です。

出典:NURO光

ONU(終端装置)は、光ファイバーに流れる「光信号」をパソコンが認識できる「デジタル信号」に変換する重要な装置です。

屋外工事(NTT)

NTTによる戸建て住宅の屋外工事は、

  1. 電柱から光ファイバーを引き込み
  2. 光ファイバーを光キャビネットまで配線

という流れで行われます。

1、電柱から光ファイバーを引き込み

電柱から光ファイバーを引き込み、外壁に「引留金具」を取り付けて固定します。

2、光ファイバーを光キャビネットまで配線

宅内工事で取り付けた「光キャビネット」に繋げれば、開通工事は完了です。

マンションの開通工事

出典:NURO光

宅内工事(So-net)

So-netによるマンションの宅内工事は、

  1. MDFから部屋まで光ファイバーを引き込む
  2. 光コンセントの取り付け
  3. 光コードの配線とONU設置

という流れで行われます。

1、MDFから部屋まで光ファイバーを引き込む

マンションには、電話回線や光回線をまとめて管理する「MDF室」があります。

ここからマンションの配管を利用して部屋まで光ファイバーを引き込みます。

2、光コンセントの取り付け

引き込んだ光ファイバーに差込口である「光コンセント」を取り付けます。

これにより「光ファイバー」と「ONU(終端装置)」を光ケーブルで接続できるようになります。

光ファイバーの引き込み方法によって「光アウトレット」「光ローゼット」のいずれかの方法で取り付けられます。

出典:NURO光

3、光コードの配線とONU設置

ONU(終端装置)を設置して「光コード」で配線作業をすれば宅内工事は完了です。

出典:NURO光

屋外工事(NTT)

NTTによるマンションの屋外工事は、

  1. 電柱から光ファイバーを引き込み
  2. MDF内で光ファイバー同士を接続する

という流れで行われます。

1、電柱から光ファイバーを引き込み

電柱から光ファイバーを引き込み、外壁に「引留金具」を取り付けて固定します。

2、MDF内で光ファイバー同士を繋げる

電話線、電力線などの引き込み口からマンション内の「MDF」まで配線をして繋げたら屋外工事は完了です。

NURO光の工事は1回にする方法

NURO光の「宅内工事」と「屋外工事」を1度にして、開通工事を1回(1日)で終わらせることも可能です。

ただし、

  • 東日本エリアの戸建て住宅限定
  • 追加工事費として5,000円がかかる

という制約があります。

東日本エリアの戸建て住宅に住んでいて「仕事の都合で土日しか休みが取れない」という方は、追加工事費がかかってもメリットはあるかと思います。

土日祝に工事を希望した場合 3,000円
宅内工事と屋外工事を同じ日に希望した場合
※東日本エリアの一戸建て住宅のみ
5,000円

高額キャッシュバック!NURO光おすすめNo.1窓口

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

最大85,000円(1万円増額!)の高額キャッシュバック実施中!

NURO光を契約するなら、公式サイトが一番おすすめ。公式だから契約する際も安心感があり、高額なキャッシュバックをリスクなく受け取れます。不要なオプションを付けられることもありません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です