業界最安値!enひかりを契約すべき人は?メリット・デメリットまとめ

「毎月のインターネット通信費を安くしたい。」

それなら、現在、業界最安値で提供されている「enひかり」への乗り換えを検討してはいかがでしょうか?

enひかりは、2017年9月に提供開始されたばかりで知名度はまだまだ低いですが、

  1. 業界最安値の月額料金
  2. 毎月同じ月額料金
  3. 違約金なし

といったメリットからネット上でも注目を集めつつあります。

この記事では「enひかりって実際のところどうなの?」という方に向けて、特徴・メリット・デメリットや契約すべき人を分かりやすくまとめました。

enひかりとは?月額料金や初期費用

enひかりとは、2017年9月から「株式会社縁人」が提供している「光コラボレーションモデル」の一つです。

株式会社縁人(エンジン)を初めて耳にした方も多いと思いますが、変化の激しい通信業界で10年以上の実績がある会社です。

ベテランオペレーターが多く在籍しており、ネット上でもサポート体制について良い評判が投稿されています。

光コラボレーションとは、NTT東日本 / 西日本が提供する「フレッツ光」の回線を他社(株式会社縁人)が借り受けて提供されるサービスです。

そのため、名前は違っていたとしても、フレッツ光と全く同じ光回線が使われており、光回線の品質には心配はありません。

現在、

  • ソフトバンク光
  • ドコモ光
  • auひかり

など、多くの会社が「光コラボレーションモデル」の仕組みを利用して、インターネット光回線を提供しています。

通信速度

通信速度 最大1Gbps

※有料オプションで「v6プラス」にも対応可能です。

月額料金

月額料金 戸建て:4,300円
マンション:3,300円

※最低利用期間(2年縛り、3年縛りなど)は設けられていません。

初期費用

事務手数料 新規:3,000円
転用:2,000円
工事費用 新規:2,000~15,000円
転用:0円

オプション

enひかり電話 500円
enひかり電話パック 1,500円
※発信者番号通知、電話通知リクエスト、通話着信、転送電話、迷惑電話拒否、着信お知らせメール
enひかりテレビ
(地デジ、BS)
750円
※CSチャンネルは別途有料で視聴可能
enひかりリモートサポート 500円
※パソコンや周辺機器の悩みを電話および遠隔操作で解決
enひかりライフサポート 500円
※普段の生活の悩みを解決
enひかり固定IP 700円
※IPアドレスを固定
enひかり「v6プラス」 180円
※「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6接続」によりインターネット高速化
enひかり「transix」 180円
※「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6技術(DS-Lite)」によりインターネット高速化

※その他、「enひかりforBiz」「フレッツ・ウイルスクリア」「フレッツ・あずけ~る」「なおせ~る」といったオプションが提供されています。

enひかりのメリット

enひかりを契約するメリットは、

  • 業界最安値の月額料金
  • 毎月同じ月額料金
  • 違約金なし
  • 光回線高速化技術「v6プラス」「transix」に対応
  • 3泊4日無料!モバイルWiFiルーターレンタル

の5つです。

業界最安値の月額料金

enひかりの一番のメリットは、業界最安値の月額料金です。

次は、有名なインターネット光回線の月額料金の比較表ですが、enひかりの安さが際立っています。

戸建て マンション
enひかり 4,300円 3,300円
auひかり※ 5,200円 3,800円
ソフトバンク光※ 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 3,800円
フレッツ光 5,700円 3,800円

※auひかり、ソフトバンク光は、2年縛り適用後の月額料金です。2年以内に解約した場合は違約金9,500円が請求されます。

例えば、enひかりとフレッツ光では毎月1,400円(マンション500円)も月額料金が違ってきます。

キャッシュバック抜きで単純計算してみると、

  • 1ヶ月で1,400円(マンション500円)
  • 6ヶ月で8,400円(マンション3,000円)
  • 1年間で16,800円(マンション6,000円)
  • 2年間で33,600円(マンション12,000円)

もenひかりの方がお得になる計算です。

毎月同じ月額料金

enひかりは”インターネットをシンプルに安くする”をモットーに提供されています。

そのため、

  • キャッシュバック
  • ◯ヶ月の割引キャンペーン

はありません。

はじめからすでに割引された安い料金で提供されています。

enひかりは、他社でよくありがちな1~2ヶ月目は◯◯円、3~12ヶ月目は◯◯円、13ヶ月目以降〇〇円といった料金の変動もなく、毎月同じとても分かりやすい料金体系です。

また、eoひかりでは、サービス提供元である「株式会社緑人」のみが受付窓口となっており、代理店は存在しません。

「どの代理店から申し込んだら一番お得か?」「キャッシュバックを受けるのに有料オプションは必要か」と悩むこともなく、誰でも平等に業界最安値で契約ができます。

違約金なし

enひかりには、最低利用期間(2年縛り、3年縛りなど)はありません。

気に入らなければいつでも違約金なしで解約できます。

現在、ほとんどのインターネット光回線では、「もし、◯◯ヶ月間利用してくれたら、高額キャッシュバックするよ!」「でも、約束を破ったら、△万円の違約金を払ってもらうからね!」といった条件で最低利用期間が設定されています。

中には、3年に1ヶ月しか解約の手続きができず、もし、それ以外の月に解約をすると”2万円の違約金”を請求されるところもあります。

【2年縛りなし】違約金なしのインターネット光回線・プロバイダ一覧

2018年12月20日

光回線高速化技術「v6プラス」「transix」に対応

enひかりでは、有料オプション

  • v6プラス
  • transix

のいずれかを付けることで、従来の通信方式「PPPoE接続」ではなく、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」を利用することが可能です。

これにより、NGN側(NTTグループのネットワーク)でかけられている帯域制限(1Gbps → 200Mbps)を回避することができ、超高速で快適なインターネット接続ができます。

▲上画像「PPPoE接続」、下画像「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」

出典:GMOとくとくBB

どこの光回線を契約しても同じですが、インターネットの通信速度は「地域」によって大きく異なってきます。

だから、どんなに口コミが良くても、実際に使ってみると「インターネットの速度が遅い・・・」といったケースは出てきます。

そういった不満があったとき、enひかりでは、あとから光回線高速化の有料オプション(月額180円)を付けたり、違約金なしで解約できるので安心感があります。

enひかりはIPv6(v6プラス、transix)で通信速度が高速化!仕組みを解説

2019年1月6日

3泊4日無料!モバイルWiFiルーターレンタル

enひかりで契約していると、株式会社縁人が提供している日本国内用のモバイルWiFiルーターを年3回まで+3泊4日無料でレンタルできます。

レンタルだから

  • 初期費用
  • 返却・解約時の違約金

などは一切かからず、旅行先などで必要なとき気軽に借りることが可能です。

例えば、1泊2日で注文すると、5泊6日利用できます。

レンタル料金は1日390円~と業界最安値水準です。

UQ mobileとセット割引がある

enひかりとUQ mobileの両方を契約することで「勝手に割り」を適用可能。

enひかりの月額料金から100円が割引されます。

月額料金 戸建て:4,300円 → 4,200円
マンション:3,300円 → 3,200円

※UQ mobileの月額料金は割引されません。

enひかりとUQ mobileのセット割引「勝手に割り」で月額料金が安くなる

2019年3月6日

enひかりのデメリット

ここからは、enひかりを契約するデメリットを紹介していきます。

3大キャリアとのスマホセット割引がない

enひかりには、

  • docomo(ドコモ光セット割)
  • au(auスマートバリュー)
  • SoftBank(おうち割 光セット)

といった3大キャリアと光回線のスマホセット割引はありません。

そのため、家族で同じスマホを使っている場合は、スマホセット割を適用できる光回線に乗り換えたほうがお得になるケースが多くなります。

キャッシュバックがない

他社では、新規でインターネット光回線を契約したら

  • 基本工事費無料
  • 数万円のキャッシュバック

といったキャンペーンが実施されているケースが多いですが、enひかりには一切ありません。

特に現在契約中の光回線を解約する際に高額な違約金が発生する場合は、違約金・解約金を満額還元(キャッシュバック)してくれるプロバイダに乗り換えたほうがお得になる可能性が高いです。

インターネット光回線の違約金・解約金を全額負担してくれるプロバイダ一覧

2017年11月15日

enひかりを契約すべき人

では、どのような人がenひかりを契約すべきなのでしょうか?紹介していきましょう。

簡単にインターネット通信費を安くしたい人

インターネット光回線を比較検討するとき、”キャッシュバック何万円!”という打ち出しを目にします。

しかし、よくよく注意事項を読み進めていくと、

  • 2年の契約を約束してくれる方
  • 有料オプションを申し込んだ方
  • 申し込みから10ヶ月目の1日~末日までに申請をした方(申請を忘れた場合は、キャッシュバックを受けられません。)
  • この光回線に友達を2人紹介した方

などなど、ややこしい条件が提示されているケースが多いです。

enひかりでは、そんな面倒な手続きやキャッシュバックを含めた料金シュミレーションをすることなく、誰でも平等に業界最安値の月額料金で契約することができます。

色々と面倒な条件を付けられるのはイヤ!単純にインターネット通信費を節約したい!

という方におすすめです。

2年以内の短期間で引っ越し予定がある人

enひかりは、他社でありがちな最低利用期間(2年縛り、3年縛りなど)がなく、違約金なしで解約ができます。

だから、

  • 転勤族
  • 結婚・同棲
  • 住宅の購入

など、2年以内の短期間で引っ越しする可能性が高い方におすすめです。

一人暮らしや格安SIMなど、スマホセット割の恩恵が少ない人

enひかりには、他社が提供しているようなスマホセット割は存在しません。

だから、家族2人以上で大手キャリアのスマホ(docomo、au、SoftBank)を使っている場合は、スマホセット割ができる光回線の方がお得になるケースが多くなります。

そのため、enひかりをおすすめするのは、

  • 一人暮らし
  • スマホセット割の対象にならない”格安SIMユーザー(楽天モバイル、mineo、OCNモバイル、UQモバイル、IIJmioなど)”

となります。

一人暮らしでは”スマホセット割”の恩恵が少ない

一人暮らしでスマホセット割を適用する場合に知っておいてほしいことが、トータルで考えたら割引額が少なくなるケースが多い点です。

なぜなら、

  • スマホセット割を適用する場合は、固定電話の申し込み(月額500円)が必要だから

です。

例えば、ソフトバンク光でスマホセット割「おうち割 光セット」を適用する場合は、3点オプション(光BBユニットレンタル、Wi-Fiマルチパック、ホワイト光電話)に加入する必要があり、合わせて月額500円の料金がかかります。

そのため、おうち割 光セット適用による”毎月1,000円”の割引額は、オプリョン料金を考慮すると実質は毎月500円割引ということになります。

  enひかり ソフトバンク光
月額料金 戸建て:4,300円
マンション:3,300円
戸建て: 5,200円
マンション:3,800円
必須オプション 500円
スマホセット割 -1,000円
合計 戸建て:4,300円
マンション:3,300円
戸建て:4,700円
マンション:3,300円
ソフトバンク光のスマホセット割を適用しても、戸建てでは、enひかりの方が月額料金が安いですね。

はじめから固定電話を契約するつもりであったなら、スマホセット割の恩恵は大きいですが、一人暮らしでネットだけで契約する場合は「スマホ料金が安くなるから」という理由で安易に契約すべきではありません。

最後に

僕も以前は光回線販売員の仕事をしていたので分かりますが、インターネット光回線の料金は非常に分かりにくく、1年に何回も変更されるキャンペーンの兼ね合いもあり料金比較が難しいです。

そんな中、enひかりは”インターネットをシンプルに安くする”をモットー通り、非常に分かりやすい料金体系で好感が持てました。

特に格安光回線の落とし穴である”違約金”もなく、万人が安心して契約できるインターネット光回線と言えます。

「簡単に通信費を安くしたい」

そんな方に強くおすすめできます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です