DTI光は解約金・違約金なし! 工事費用の残債には注意

DTI光を解約しようと思ってるけど、どのくらいかかるのだろう?

この記事では、DTI光の解約にかかる費用について解説しています。

DTI光の解約にかかる費用

まず、インターネット光回線(プロバイダ)を解約する際は、

  • 違約金
  • 工事費の残額

の2つの費用がかかる可能性があります。

違約金

DTI光は、いつでも違約金なしで解約できます。

最低利用期間なし

他社サービスでありがちな「2~3年間の”最低利用期間(縛り)”を付ける代わりに月額料金を安くする」という条件もありません。

工事費の残額

DTI光は、基本的に工事費の残債なしで解約できます。

なぜなら、DTI光では、契約時に工事費の分割払いは受け付けておらず、一括で支払う必要があるからです。

DTI光の工事費について

DTI光を利用するには、電柱から自宅に光回線を引き込む簡単な工事をする必要があり、当然、工事費用も発生します。

DTI光の工事費用
転用 戸建て マンション
転用 0円 0円
新規 18,000円 15,000円

※土日祝は+3,000円
※工事担当者が訪問しない場合は2,000円

解約金がかかるケース

DTI光を”新規契約”していた場合は、工事費の残債などは請求されません。

しかし、フレッツ光からDTI光に転用(乗り換え)していた場合は、工事費の残債や違約金が一括請求されるケースがあります。

フレッツ光からの転用時に”工事費の残債”を引き継いだ場合

フレッツ光に分割払いしていた工事費の残債をDTI光に引き継ぎ、完済していない場合は、工事費の残債一括請求されます。

例えば、フレッツ光で工事費の残債を18,000円があったまま、DTI光に転用をした。

数カ月後、工事費の残債が10,000円ある状態で解約をした場合は、10,000円が一括請求されます。

DTI光の解約手順

DTI光の解約手続きは、Webサイト(MyDTI)または電話からできます。

DTIカスタマーサービス

固定電話:0120-830-501(通話料無料)

携帯電話:03-5749-8091(有料)

※受付時間:10:00~17:00(平日)

上記の受付窓口に電話をしてから、DTI光を解約することを趣旨を伝えましょう。(このときに解約金について最終確認するのも良いでしょう。)

DTI光なら違約金に悩まされない

インターネット光回線を解約するときに悩まされるのが、思いもよらない「違約金」「工事費の残債」「撤去工事費」です。

例えば、皆さんも知っている”とある有名プロバイダ”は、契約から1年目で解約することで7万円以上も解約金を支払う必要があります。

特に1年以内に引っ越しする可能性がある方は、最低利用期間が設定されているインターネット光回線・プロバイダの契約は、非常にリスクがあります。

そこでおすすめするのが、今回紹介した”DTI光”です。

DTI光であれば、最低利用期間が設けられていないため、自分の好きなタイミングで解約することができます。

【2年縛りなし】違約金なしのインターネット光回線・プロバイダ一覧

2018年12月20日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です