auひかりはIPv6(デュアルスタック)対応!通信速度は速くなる?

大手通信キャリアであるauが提供する光コラボのインターネット光回線”auひかり”

auひかりとauスマホとのスマホセット割「auスマートバリュー」で家庭の通信費をぐっと下げることもできます。

auひかりは、通信費を抑えられるだけでなく、次世代通信技術「IPv4/IPv6(デュアルスタック)」にも対応しています。

この記事では、auひかりで導入されている通信速度の次世代技術「IPv4/IPv6(デュアルスタック)」ついて分かりやすく解説しています。

IPv4/IPv6(デュアルスタック)とは

IPv6(デュアルスタック)とは、

  • 従来の規格「IPv4」
  • 次世代の規格「IPv6」

の両方に対応したものを言います。

IPv6とは

IPv6とは、簡単に言うと、ユーザーに割り当てられる”インターネット上の住所”です。

これまでは、IPv4という方法でインターネットに接続されていましたが、約43億個用意されていたインターネット上の住所がユーザー数激増により枯渇してきました。

そこで、約340澗個というほぼ無限に使える「IPv6」が登場することになります。

しかし、新しく登場した「IPv6」には、IPv4と互換性がないデメリットがありました。

「IPv4」と「IPv6」に互換性がないことにより、IPv6の通信方式を採用しているプロバイダで「古いWebサイト(IPv4のみ対応)」が閲覧できないという問題が発生したんだ。

この互換性の問題を解決するために登場したのが、IPv4とIPv6を共存させる「IPv4/IPv6(デュアルスタック)」という技術です。

これにより

  • IPv4のWebサイト
  • IPv6のWebサイト

の両方を閲覧できるようになります。

auひかりの「IPv4/IPv6(デュアルスタック)」

ここからは、auひかりで採用されている「IPv4/IPv6(デュアルスタック)」について解説していきます。

月額料金

IPv4/IPv6(デュアルスタック)の利用料金は、月額0円(無料)です。

月額料金 0円

対応プロバイダ

auひかりで選択できる全プロバイダで「IPv4/IPv6(デュアルスタック)」が利用できます。

対応プロバイダ BIGLOBE、So-net、au-one-net、@nifty、AsahiNet、@TCOM、DTI

申し込みと方法

auひかりでは、はじめから次世代通信技術「IPv4/IPv6(デュアルスタック)」を使うことができます。

申し込み、機器の設定などは、一切不要です。

申し込み方法 不要

auひかりでは「IPv6」で通信速度は速くならない

よくインターネットで「IPv6で通信速度が速くなる」を見かけますが、auひかりには当てはまりません。

というのも、auひかりでは、独自回線でプロバイダを経由せずにインターネットを接続する仕組みであり、元々から通信速度が速いからです。

そのため、IPアドレスが「IPv4」→「IPv6」になったからといって、インターネットの通信速度は向上しません。

なぜ、IPv6は速いと言われる?

先に言っておくと、IPv6により通信速度が速くなるのは、フレッツ光回線(光コラボ含む)となります。

auひかりは、独自回線(=フレッツ光回線を利用していない)ので関係ありません。

なぜ、フレッツ光回線で「IPv6」を利用すると通信速度が速くなるのでしょうか?

その理由は、IPv6により次世代通信技術「IPv6 IPoE」が新しく導入されたからです。

これにより、かねてよりフレッツ光回線で問題となっていた網終端装置(POI/網終端)を通ることなく、インターネットに接続することが可能になりました。

IPv4

フレッツ光回線では、IPv4に従来の通信方式「PPPoE」が使われています。

この通信方式では、インターネットにアクセスする際、アクセスが集中して混雑している「網終端装置」を必ず通らなければならず、通信速度が遅くなる原因となっています。

出典:GMOとくとくBB

IPv6

フレッツ光回線では、IPv6に次世代通信技術「IPv6 IPoE」が使われています。

この通信方式では、通信速度が低下する原因となっている「網終端装置」を通ることなく、インターネットに接続することが可能です。

出典:GMOとくとくBB

勘違いしてほしくないことは、IPv6はIPアドレスを決めるための規格の一つであり、通信速度には影響しない点です。

確かにフレッツ光回線(光コラボ含む)では、IPv6によって通信速度は速くなります。

しかし、これは次世代通信技術「IPv6 IPoE」が導入されたことから、これまで通信速度が低下する原因となっていた「網終端装置」を避けることが可能になった結果です。

auひかりは、そもそも「網終端装置」の混雑という問題が発生していなかったため、IPv6を導入したからと言って通信速度は向上しません。

IPv6のメリット

結論を言ってしまうと、機能面だけで見れば「IPv4」と「IPv6」に違いはほとんどなく、フレッツ光回線を除いては、大きなメリットもありません。

一応、auひかりのホームページでは、IPv6のメリットとして、

次世代規格(IPv6)では、従来の規格より、秘匿性が高い情報のやりとり(個人情報の入力やクレジットカードナンバーの入力など)においてさらに安全性が高くなります。

ブラウザで秘匿性情報の入力ページで見られる「鍵マーク(SSL通信)」の暗号化に加え、パケットにも暗号化が加わるため、さらにセキュリティが高まります。

といったセキュリティ機能の向上があげられています

これは、IPv6では通信の暗号化や認証をする「IPSec」が標準サポートされているので、セキュリティ機能が向上すると言う理屈です。

しかし、IPsecは、組織内でVPN (Virtual Private Network)を利用するなど、限られた目的での利用が主となります。

一般ユーザーにとっては、あまり関係のない話です。

最後に

auひかりでは、IPv4/IPv6(デュアルスタック)に対応していますが、それにより通信速度が向上する訳ではありません。

auひかりのメリットはなんと言っても独自回線を敷いている点です。

現在、ほとんどのプロバイダは、NTT東西の光回線を借りてサービスを提供しているため、利用者が増えすぎて混雑しがち。

auひかりでは、ガラガラの高速道路を走るように快適な環境でインターネットを楽しむことができます。

高額キャッシュバック!auひかりおすすめNo.1窓口

株式会社NNコミュニケーションズ

最大142,500円の高額キャッシュバック実施中!

auひかりを契約するなら、こちらの窓口がおすすめ。公式と比べて、”最大50,000円”もお得!申し込み時にキャッシュバック申請が完了!もらい忘れがありません。auひかりの提供元である「KDDI株式会社」からも5期連続表彰を受けています。

auひかりは、どこの窓口で申し込んでも「品質」「月額料金」「初期費用」などは変わらないので、キャッシュバック額が高く、安心・確実にもらえる代理店から申し込むのをおすすめします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です