【大幅改悪】auひかり ホームで撤去工事費2万8800円が義務化に

これからauひかりを契約する方は注意が必要です。

2018年3月1日にサービスの改定が行われ、これまで任意だった撤去工事が義務化

光ファイバーの引込設備残置(撤去工事なし)を選択することができなくなりました。

撤去工事費は2万8000円、賠償金の請求もある

2018年3月1日以降に「auひかり ホーム」を契約した方は、解約時に立ち会いの元、光ファイバー引込設備の撤去工事を必ずしなければなりません。

もし、この撤去工事を拒否した場合は、賠償金が請求されてしまいます。

このことは、auひかり ホームのページ(解約時のご注意)の項目にも明記されています。

そして、注目するべきは、撤去工事費の高さです。

これまでは、撤去工事費は1万円でしたが、一気に2.88倍に値上げされ、2万8000円となりました。

auひかり ホームの撤去工事改定
改定前(2018年2月28日以前) 10,000円(任意)
改定後(2018年3月1日以降) 28,800円(必須)

回線工事費の分割払い回数が2倍に

撤去工事費の義務化と値上げに合わせて、戸建てに「auひかり」を導入した際に発生する回線工事費の「分割払い回数」も大幅に増えました。

標準工事費3万7500円を分割払いする場合、従来は「1250円 × 30回」となっていましたが、改定後は「625円 × 60回」となりました。

auひかり ホームの分割払い回数
改定前(2018年2月28日以前) 3万7500円
(1250円 × 30回)
改定後(2018年3月1日以降) 3万7500円
625円 × 60回

1回あたりの負担金が減るメリットはありますが、5年間におよぶ工事費の分割払いは、あまりにも長すぎるのではないのか?という意見もでています。

背景

では、撤去工事が義務化になり、大幅値上げされた背景は何でしょうか?

auひかりを提供するKDDI株式会社によれば、「設備の保守管理にかかわる費用が大きくなってきたから」が大きな理由のようです。

これまでは、自然災害などで光ケーブルが垂れたりした際の保守は、KDDIが負担してきました。

しかしながら、auひかりの解約後に設備を撤去せず、そのままの状態に残す「残置」を選択するユーザーが増加。

それに伴い、保守コストも増え、残置対応が困難になってきたことが真相のようです。

また、今回の大幅値上げについてですが、これまでは、撤去工事に関わる費用を

  • ユーザー「1万円」
  • KDDI「1万8000円」

としてきたものを単純に全てユーザー負担にしたようで、撤去工事費では利益を上げていないようです。

なお、ホームページに記載されている「賠償金」という表現ですが、KDDI側も適切ではないと考えており、近く修正をする予定とのことです。

ネットの反応

KDDI側の主張には、納得できる部分もありますが、この改定は、ネットでも物議をかもしだしています。

1年目で7万4925円の解約金がかかる計算

この改定により、もし、auひかり ホームを1年目で解約してしまうと、7万4925円の高額な解約金が請求される計算になります。

内訳

  • 違約金 → 15,500円
  • 工事費の残債 → 30,625円
  • 撤去工事費 → 28,800円

auひかりの違約金は1.5万円、解約金を0円で済ます方法

光回線の解約金にしては、他社を引き離す、かなり高額な部類となります。

撤去工事費を0円にする方法

この改定をよく分かららず、2018年3月1日以降に「auひかり」を契約してしまった。どうすればいいのか?

auひかりを引越し先でも使う

引っ越しにより、どうしようもない理由でauひかりを解約することになった。

そんなときは、auひかりを引越し先でも使うことで、撤去工事費が不要となります。

au Wi-Fiルーターを使う

引越し先がauひかりのエリア外の場合は、au Wi-Fiルータという選択肢もあります。

こちらに乗り換えても、撤去工事費が不要になるようです。

違約金・解約金を負担してくれるプラバイダに乗り換える

インターネット光回線の違約金・解約金を全額負担してくれるプロバイダ一覧』で紹介していますが、他社から乗り換えする際、違約金・解約金を負担してくれるプロバイダもあります。

その中でソフトバンク光は、他社への違約金だけでなく、撤去費用も最大10万円までキャッシュバックをしてくれます。

他社から乗り換えで回線工事費が無料になるなど、高額キャッシュバックを実施しているので、一度検討してみるのもいいでしょう。

SoftBank あんしん乗り換えキャンペーンで違約金負担0円で乗り換える方法




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です