ドコモ光の「単独タイプ」はプロバイダを自由に選択可能!メリット・デメリット

大手通信キャリアであるNTTドコモが提供する光コラボのインターネット光回線”ドコモ光”

ドコモ光では、4つの契約プランから好きなもの選択することができます。

タイプA 光回線+プロバイダ
タイプB 光回線+プロバイダ
タイプC ケーブルテレビ回線+プロバイダ
単独タイプ 光回線のみ

この中でも特異な契約プランが「単独タイプ」です。

通常、インターネットを利用するには「回線」と「プロバイダ」の両方を契約する必要がありますが、単独タイプは光回線のみとなっています。

では、ドコモ光の「単独タイプ」は、何のために存在しているのか?どのようなメリットがあるのか?紹介していきたいと思います。

ドコモ光「単独タイプ」とは

ドコモ光の「単独タイプ」とは、光回線のみを契約して、自分で別途プロバイを契約するプランとなります。

メリット

単独タイプの最大のメリットは、プロバイダを自由に選択できることです。

ドコモ光で光回線を利用したい場合、「タイプA」または「タイプB」から選ぶことになりますが、合計25社からしか選択できません。

タイプA(17社) タイプB(8社)
・ドコモnet
・plala
・So-net
・GMOとくとくBB
・DTI
・Tigers-net.com
・BIGLOBE
・excite
・andline
・ic-net
・@nifty
・エディオンネット
・スピーディアインターネットサービス
・SYNAPSE
・TikiTiki
・楽天ブロードバンド
・hi-ho
・COARA
・@ネクス
・SIS
・@TCOM
・OCN
・TNC
・Asahi Net
・WAKWAK
・@ちゃんぷるネット

しかし、ドコモ光の「単独タイプ」を選択することにより

  • Yahoo! BB
  • IIJmio
  • Toppa!(トッパ)

といったプロバイダを利用することができます。

ドコモ光の単独タイプは、「現在契約中のプロバイダのメールアドレスを変更したくない」という方にぴったりのプランです。

単独タイプでもドコモ光セット割(ドコモ光パック)を適用可能

もちろん、ドコモ光の「単独タイプ」であっても、

  • ドコモ光
  • ドコモのスマートフォン

のスマホセット割であるドコモ光セット割(ドコモ光パック)を適用することが可能です。

一人で利用する場合

契約プラン 割引額
ウルトラデータLLパック
(30GB)
-1,600円
ウルトラデータLパック
(20GB)
-1,400円
データMパック
(5GB)
-800円
データSパック
(2GB)
-500円
ケータイパック
(2GB)
-500円
らくらくパック
(200MB)
-500円

家族で利用する場合

契約プラン 割引額
ウルトラシェアパック100
(100GB)
-3,500円
ウルトラシェアパック50
(50GB)
-2,900円
ウルトラシェアパック30
(30GB)
-2,500円
シェアパック15
(15GB)
-1,800円
シェアパック10
(10GB)
-1,200円
シェアパック5
(5GB)
-800円
例えば、家族4人でドコモの「ウルトラシェアパック100(100GB)」を契約していた場合、

  • 1ヶ月で3,500円
  • 1年間で42,000円
  • 2年間で84,000円

も通信費を節約することができます。

デメリット

ドコモ光で「単独タイプ」を契約する最大のデメリットは、プロバイダ一体型「タイプA」「タイプB」と比較して月額料金が高くなってしまう点です。

例えば、ドコモ光で「単独タイプ + Yahoo! BB」を契約した場合、

ドコモ光の月額料金の比較表
タイプA タイプB 単独タイプ

YahooBB
戸建て 5,200円 5,400円 6,200円
マンション 4,000円 4,200円 4,750円
単独タイプ+ Yahoo! BBの月額料金の内訳

  • 戸建ては → ドコモ光:5,000円、プロバイダ:1,200円
  • マンション → ドコモ光:3,800円、プロバイダ:950円

「単独タイプ+ Yahoo! BB」の方が

  • タイプAより「戸建て1,000円」「マンション750円」
  • タイプBより「戸建て800円」「マンション550円」

も月額料金が高くなることが分かります。

ドコモ光「単独タイプ+ Yahoo! BB」を戸建てで契約した場合、

  • 1ヶ月で1,000円
  • 1年間で12,000円
  • 2年間で24,000円

もタイプAより割高になってしまいます。

一人暮らしの場合は、スマホセット割「ドコモ光セット割(ドコモ光パック)」を考慮しても割高になってしまう可能性が高いので注意したいところです。

最後に

ドコモ光の単独タイプは、

  • どうしてもプロバイダのメールアドレスを引き継ぎたい
  • プロバイダの違約金発生しない更新月まで待ちたい

といったケースでしかおすすめできません。

また、基本的には、フレッツ光対応のプロバイダであれば「単独タイプ」でも利用できますが、100%ではないので必ず確認するようにしましょう。

特別な事情がない限りは、ドコモ光のプロバイダ一体型で月額料金が安い「タイプA」を断然おすすめします。

ドコモ光のタイプAとタイプBの違い(比較)

2019年3月21日

高額キャッシュバック!ドコモ光おすすめNo.1窓口

GMOとくとくBB

最大48,000円の高額キャッシュバック実施中!

ドコモ光を契約するなら、こちらの窓口がおすすめ。公式と比べて、”最大20,000円”もお得!ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」は、通信速度を大幅に高速化させる次世代通信技術「v6プラス」に対応。高性能無線LANルーターも無料レンタルできます。

ドコモ光は、どこの窓口で申し込んでも「品質」「月額料金」「初期費用」などは変わらないので、キャッシュバック額が高く、安心・確実にもらえる代理店から申し込むのをおすすめします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です